本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 人材活用の決め手

人材活用の決め手 中小企業の大きな経営資源である人材について採用から育成までのポイントをわかりやすく紹介します。


愛される採用! −人材を採用する−

株式会社クオリティ・オブ・ライフ チーフプランナー 常見陽平

株式会社クオリティ・オブ・ライフ
チーフプランナー 常見陽平

【プロフィール】
常見陽平(つねみようへい)
人材コンサルタント、作家、大学講師

【経歴】
リクルートを退社後、メーカー勤務を経て現在クオリティ・オブ・ライフにてチーフプランナーを務める

【著書】
『就活のバカヤロー』(光文社新書)
『最強「内定」請負人 就活の答え』(講談社)
など、著書多数

学生は見ている、誠心誠意の対応を

学生は見ている

先日、東京商工会議所さんの企画で、都内の中堅・中小企業の採用担当者を対象に、採用力強化のセミナーを開催しました。倫理憲章が変更になるなど、採用活動のルールが変わる中、皆さんご不安のようで、大変熱心に受講されていました。セミナーの中で、2013年卒就活生のパネルディスカッションおよび彼らに対する質問会が開催されました。学生も企業も混乱している2013年度採用の現実が赤裸々に伝わり、大好評でした。

特に印象に残ったのが、「採用活動を通じて感じた、よい企業とダメ企業」という質問に対する回答でした。評価が高かったのは、やはり学生に対して誠心誠意に接する企業でした。

「総合商社系の国際物流企業は、ダメ元で採用担当のメールアドレスにOG訪問の依頼をしたところ、快く応じてくれました」(実践女子大学 女子)

「マーケティング系ベンチャー企業が開催するセミナーは、ゲストに著名人を呼ぶなど1つひとつ、特別コンテンツを作り込んでいる感じが印象的でした。学生のために一生懸命やっている感じがしました」(青山学院大学 男子)

「あるメーカーは、セミナーで質問したところ“もうしわけないけど、君がやりたい仕事は弊社では実現可能性は低い”“今のところ女性で結婚・出産後も活躍している人はなかなかいない”と正直に言ってくれました。むしろ好感が持てました」(東京海洋大学大学院修士課程 女子)

逆に印象が悪い企業はどんな企業でしょう?

「ある総合商社は、合同説明会の会場では親切に対応してくれたのに、終了後、エレベーターで一緒になったら無視されました。他の社員に対して素っ気なく対応している様子も見てしまいました」(実践女子大学 女子)

「大手人材サービス企業はインターンシップの活動場所である会議室がボロボロ。職場管理上も学生への対応としてもどうかと思いました」(青山学院大学 男子)

いかがでしょうか?採用活動において学生は、会社の社屋から、採用担当者の一挙手一投足まで、すべて見られているということをもっと意識するべきですね。 毎年のことですけど、学生に対して誠心誠意で対応している企業は評価されていますね。逆に細かい部分も学生は見ています。ソーシャルメディアで悪い噂もあっという間に広まる時代です。企業の人事も見られていることを意識したいですね。

説得材料の提示を

このパネルディスカッションで印象的だったのが、登壇した学生は5人とも中堅・中小企業も視野に入れると答えたことでした。大学での指導や、私も含め、メディアで大企業だけしか見えないのはおかしいということを発信し続けた成果なのか、学生の中堅・中小企業に対する関心は高まっています。就職情報会社が発表するデータをみると、どの会社においても中堅・中小企業に対する関心度が高まっていることがわかります。

一方で、学生が実際に中堅・中小企業に応募しているかというとそうではありません。今年は採用活動の開始時期が遅くなったこともあり、結果としてはむしろ大企業中心に見てしまう状態になっています。学生がなぜ、中堅・中小企業と出会えないのか?納得して応募しないのか?決定的に出会いの場が少ないこともありますが、説得材料の方の問題もあります。もちろん、企業体力においては、大企業と比較して勝てない部分だらけかと思います。

でも、実は組織風土のあたたかさなど、自分たちの気付かないことこそ、求職者にとっては魅力があることも。大企業を中心に求人数は回復基調ということもあり、中堅・中小企業の採用はますます困難かと思いますが、自分たちと一緒に働く魅力を今一度振り返り、あきらめずに採用活動をやりきりましょう。

皆さんが新卒採用で未来を創ることを期待しております。

掲載日:2012年5月14日


このページの先頭へ