本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


制御設計の強みは“海外”にあり [亀山電機]

元気のひみつ
  • 海外メーカー製部品を積極採用して差別化
  • 「社員を大事に」の理念で経営情報を全公開
  • 会社手帳で「現在・過去・未来」を共有

海外で選ばれる理由は

 亀山電機は長崎市に本社を置き、各種プラント設備の自動化を主力事業としている。電気設計から施工までを手がけており、海外メーカー製部品の積極採用で競合と差別化している。主要顧客は重工業や電機など大手メーカー。受注案件は海外にも広がり、現在は東南アジア諸国連合(ASEAN)地域で拠点化に動いている。社員に対して透明性を高めた経営スタイルもユニークだ。
 亀山電機は1996年に北口功幸社長が設立した。設備自動化では、制御部品のプログラマブル・ロジックコントローラー(PLC)を用いた設計を得意とする。同社が顧客に選ばれる理由は、海外メーカー製部品の取り扱い方法にある。例えばPLCは独シーメンスや米ロックウェル、筐体(きょうたい)では独リタールを積極的に使う。これらは日本でシェアは低いが、海外では圧倒的に高い。海外で保守部品の入手が容易で、輸出向け設備や海外プラントでは顧客が海外メーカー製を指定することも多い。
 ただ、特に海外製PLCによる設計は専門技術が必要で、日本で引き受けられる企業は少ない。その点で亀山電機は実績を積み上げており「競合は簡単に追いつけない」(北口社長)。技術者の養成にも力を入れており他社を引き離す。この強みを生かし、2014年度からタイとインドネシアで保守体制構築に動いている。中小企業基盤整備機構から事業化調査の支援も受け、18年のサービス拠点設置を目指す。

社員の意思を結集する方法

 また亀山電機は設立時から社員に対して、全経営情報を開示している。中でも会社手帳には、経営理念や財務情報、経営計画のほか、利益処理の優先順位なども記載。月次業績を記入する欄もあり、自社の現在と過去、未来を社員全員が共有している。この手帳は08年のリーマンショックで初の減収を経験、収益の伸びが鈍化した時に生まれた。これにより社員の意志を結集し、再び右肩上がりの成長が始まった。
 また社員を大事にするという経営理念の下、社員持ち株を推奨。株主総会では社員が株主に変わる。「株主総会は経営者への通知表」と北口社長は気を引き締める。
 北口社長は地元・長崎で活躍した坂本竜馬に心酔し、竜馬が興した「亀山社中」から社名を取った。また佐世保工業高等専門学校の恩師に受けた「長崎は西の果てだが気持ちは頂点を目指せ」との言葉を今も胸に抱く。北口功幸社長は「日本の西の果てから世界を変える」と躍進を誓う。

専門技術者の育成にも力を注ぐ

専門技術者の育成にも力を注ぐ


Onepoint

大口顧客に頼らず新規開拓

 亀山電機のもう一つの特徴が積極的な新規顧客の獲得だ。主要顧客からの大口受注だけで満足せず、新規顧客の受注で売上高を積み上げてきた。中でも蓄積したノウハウを生かし、シーメンスやリタールの技術情報を紹介するウェブサイトは、潜在顧客の方から連絡や受注が舞い込む「プル型営業」に奏功している。

関連リンク
  • 支援情報ヘッドライン
    ビジネスに役立つ無料セミナーなど公的機関による支援施策情報が毎日更新されます。
  • ビジネスQ&A
    経営者からのよくある質問に専門家が回答した事例集。

企業データ

北口功幸社長

北口功幸社長

会社名 (株)亀山電機
代表者 北口功幸社長
業種 機械設備の電気設計、施工など
所在地 長崎県長崎市弁天町3-16
電話 095-864-7000

掲載日:2015年3月20日

長崎県

最近の記事


このページの先頭へ