本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


射出成形と3Dプリンターを武器に事業拡大へ [睦化工]

元気のひみつ
  • 検査機と人の目による徹底した品質管理が高評価
  • ワンストップサービスを強みに差別化
  • 手術器具の開発で医療市場を開拓

 プラスチック射出成形事業と3Dプリンター事業を両輪に事業を進める睦化工。半世紀の歴史を持つプラスチック射出成形ではケチャップやドレッシング、化粧品のキャップ、ヘルスケア用品、点滴器具などの医療器具を製造する。古川亮一社長は「これまで作ったキャップを並べると地球5周分になる」と胸を張る。
 24時間稼働の本社工場には大小16台の射出成形機が並ぶ。クラス50000のクリーンルームを備え、大きさ0.1ミリメートルの異物や汚れを検知する全自動異物検査機と人の目で厳しく品質をチェックする。徹底した品質管理が認められ、取引先に「口に入れても安心」と高く評価されている。

3Dデータ作成のほか試作、量産にも対応

 3Dプリンター事業は10年に参入。現在は米社製の3Dプリンター販売に加え、3Dデータの作成、3Dプリンターを使った試作と量産を手がけている。設備投資に力を入れ、業務用3Dプリンターのほか、3Dデータ作成に必要なデジタイザーやフリーフォーム、シリコン型を使った少量・中量の成形に適した真空注型機、樹脂の板加工に使用するレーザーカッターなどをそろえた。
 もともと自社で使う試作金型を製作する費用軽減に3Dプリンターを使うことができないかと考えたのが事業参入のきっかけだった。その後、3D造形とともに、3Dデータ作成の需要が増加。事業参入が比較的早かったことで培った3Dデータの編集や加工のノウハウを生かして事業拡大を狙う。データ作成から試作、少量・中量、量産までをカバーするワンストップサービスを強みに差別化を図る。

3Dプリンターで精巧な臓器模型を製作

 これまで本社工場がある東京都大田区内の病院と連携し、コンピューター断層撮影装置(CT)スキャナーで健康な人の心臓を読み取り、3Dプリンターで製作した樹脂製の心臓模型を病院に納入した実績を持つ。精巧な模型だけに「疾患のある臓器の模型を製作し、手術で執刀する医師のトレーニングなどに役立てたい」(古川社長)としている。
 また、プラスチック射出成形と清浄度の高い環境で医療器具を製造してきた実績を生かし、手術用はさみなどの開発にも意欲をみせる。手術器具は海外製が多いため、国内の状況に合わせた使いやすく、患者の負担を抑えられるプラスチック製の器具などを開発して医療市場を開拓する考えだ。

3Dプリンターで造形した精巧な模型

3Dプリンターで造形した精巧な模型


Onepoint

きめ細かく顧客対応

 プラスチック射出成形と3Dプリンターを使いこなすための3Dデータの制作や設計技術の強みを生かし、事業拡大していこうという意欲が感じられる。モノづくりに革命をもたらせた3Dプリンターだが、造形などを請け負う企業の参入が相次ぎ競争が激化している。それだけに勝ち残るためのきめ細かい顧客対応が求められる。

関連リンク
  • 支援情報ヘッドライン
    ビジネスに役立つ無料セミナーなど公的機関による支援施策情報が毎日更新されます。
  • ビジネスQ&A
    経営者からのよくある質問に専門家が回答した事例集。

企業データ

古川亮一社長

古川亮一社長

会社名 睦化工(株)
代表者 古川亮一社長
業種 プラスチック射出成形事業、3Dプリンター事業
所在地 東京都大田区矢口3-17-13
電話 03-3758-2641

掲載日:2015年3月19日

東京都

最近の記事


このページの先頭へ