本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


一貫生産体制が強みの自動機メーカー [いわき精機]

元気のひみつ
  • 一貫生産体制の構築
  • 分業化による生産性の向上
  • 再生可能エネ分野への参入

 いわき精機は自動機、省力化機器の設計・製造を主力とする。1967年の創業以来、幾多の産業構造の変革にもぶれることなく高品質、低コスト、短納期を追求した顧客本位の経営を貫いてきた。2013年4月には再生可能エネルギー関連分野への本格参入を目指し、太陽光発電や風力発電関連部品の製造拠点として「CAセンター」を稼働させ、海外も視野に成長産業への参入を本格化させている。

“もやし”から“原発”まで

 いわき精機は、受注分野・企業に過度な偏りを作らない、バランスのとれた経営戦略を進めてきた。外部環境の変化による企業経営への影響を最小限に押さえるためだ。同社の受注分野は半導体や液晶パネルから自動車関連、食品関連までその裾野は広い。加えて顧客ニーズへの柔軟な対応を可能にする設計開発から製造、検査、現場での据え付けまでを社内で完結する一貫生産体制が強みだ。
 受注装置の設計段階から顧客と綿密な打ち合わせを重ね満足度の高い製品へと作り込んでいく。「一品受注が多くお客が求めるニーズも多様でその都度、変化する。お客が納得するまで妥協しない」と、國井幹司郎社長は顧客第一主義を貫く。このような真摯な姿勢が「顧客が顧客を呼ぶ」という好循環へとつながり業績を伸ばしてきた。
 自動車関連ではリチウム電池関連の製造装置やタイヤの仕上がり精度を計測する検査装置の受注が好調で、食品関連ではもやしの洗浄から梱包までを行う製造ラインの受注が業績を底上げしている。震災関連では東京電力福島第一原子力発電所事故で発生した汚染土を収納する保管容器なども受注している。今回の震災を機にリスク分散や食の安全確保に絡んだ受注もあり、好調な業績にも「いまだ復興が道半ばの被災地を見ると、もろ手をあげて喜べない」と、國井社長は複雑な心境を語る。

分業化による生産性の向上

 同社が小型精密部品の量産から単品大物部品まで多種多様な顧客ニーズに対応できる基盤となるのが分業化された生産体制の確立と豊富な加工機械のラインアップだ。同社はいわき市内に「MA・FA・CA」の3つのセンターを持つが各生産拠点ごとに手掛ける主力製品に合わせた生産設備の導入と分業化による生産効率の向上を図っている。大型機械加工、大型溶接、塗装に特化した「MAセンター」には大型門型5面加工機、吹き付け塗装機、乾燥炉などを備えモーター用架台、大型装置フレームなどを生産している。同じく「FAセンター」では設計、電機組み立て、試運転調整、板金、検査などの分野を担当している。大型試験器や各種測定器などの検査装置に加え精密部品加工に対応したクリーンルームも備える。4棟の組立工場を持ち短納期や機密保持が必要な製品にも対応する。

再生可能エネ分野に参入

 一方、将来の経営基盤として成長が期待される再生可能エネルギー分野への参入を目指し2013年4月に稼働したのが「CAセンター」だ。太陽光発電の架台や風力発電のナセル部などの部品加工に加え、パネル調達から架台設置、施工までの工程を一貫受注する専門部門の新設も計画している。大型門型5面加工機2台や大型横中ぐり盤、ツイスター(材料溶断機)、シングルコラム型立旋盤などを導入し、大型部品の加工にも対応できる体制を築いた。総敷地面積約2万平方メートル、延べ床面積約6800平方メートル。増設した新工場の屋上には約2400平方メートルに最大出力200キロワットの太陽光発電パネルを設置し、CAセンター消費電力の約30パーセントを賄う。ふくしま産業復興企業立地補助金などの公的資金を活用し、建屋と設備で約12億5000万を投じた。國井社長は「積み上げてきた技術を生かし、成長が期待できる再生加工エネルギー関連分野を新たな柱に育てる」と意気込む。
 生産拠点の海外シフトが加速するなか海外進出した顧客からの要請もあり、國井社長は「成長著しいASEAN(東南アジア諸国連合)などを候補地に海外拠点の建設も検討していく」としており、国内外でバランスのとれた企業体質づくりを急ぐ。

CAセンターの太陽光発電パネル

CAセンターの太陽光発電パネル


Onepoint

スピード感が成長を支える

 同社の強みは豊富な生産設備に支えられた一貫生産体制と高効率化が図られた生産システムだ。高精度化、多様化など時代ともに変化する顧客ニーズに即応してきた。自動車関連産業など基盤産業への参入も果たし、再生可能エネルギー分野など成長産業での市場開拓にも積極的に挑戦してきた。時代の趨勢を的確に捉えた國井社長のスピード感ある決断がいわき精機の成長を支えてきた。福島県は再生可能エネルギー産業の関連研究機関や企業の集積も加速しており同社にとって大きな追い風だ。

関連リンク
  • 支援情報ヘッドライン
    ビジネスに役立つ無料セミナーなど公的機関による支援施策情報が毎日更新されます。
  • ビジネスQ&A
    経営者からのよくある質問に専門家が回答した事例集。

企業データ

國井幹司郎社長

國井幹司郎社長

会社名 (株)いわき精機
代表者 國井幹司郎社長
業種 FA・省力化装置の設計製造
所在地 福島県いわき市好間工業団地1-11
電話 0246-36-0118

掲載日:2014年3月28日

福島県

最近の記事


このページの先頭へ