本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


電力向けの信用を生かしEV用充電器に参入 [三英社製作所]

元気のひみつ
  • 電力業界との仕事で培った高信頼性
  • 初の自社製品としてEV用充電器を開発
  • 急速充電器は世界的な推進、標準化団体の認証を取得

 三英社製作所は主に電力向け配電機材を開発設計、製造、販売しており、創業73年の歴史を誇る老舗の会社だ。配電のIT化やスマートグリッド関連の設備も手掛ける。10年ほど前から新規市場の開拓に乗りだし、その一環として電気自動車(EV)向け充電設備事業に参入した。現在、同社は電力向け以外の製品開発に力を向けており、中でもEV、PHV(プラグインハイブリッド車)向け普通充電設備事業は、新規事業の柱の一つとなっている。

神奈川県から試作依頼

 高い耐久性と信頼性を求める電力会社に配電機材を長年納めてきた同社にとって、品質の高さが強みの一つだ。電力会社との取引実績も新規の顧客から信用を得やすい。こうした強みを生かす形で、オリジナルの自社製品の開発に着手した。
 そこで目をつけたのがEV普通充電設備である。市場として成長性があり、国・地方自治体も補助金を出して支援している。環境対応によって社会貢献もできる。04年にEV用充電器に関する新規プロジェクトチームを立ち上げ、安全で品質の高い製品の開発に努めてきた。09年には神奈川県がEVの普及を目指した施策「EVイニシアティブかながわ」において、県から充電器の試作開発の依頼があった。これを機に10年にはEV用普通充電器の1号機が完成し、新横浜駅前駐車場に設置された。
 最初の装置は充電用ケーブルが付加されておらず、自分でケーブルを持ち込んで充電器と自動車をつなぐ必要があった。その後、製品の主流がケーブル付きの充電器に移っていったことから利便性を考え補助金を取得できるケーブル付きの充電器を開発した。

デザインにもこだわる

 この充電器の特徴は、電気を供給する充電ガンケーブルがステンレス製の筐(きょう)体内に収められる構造を取っていることだ。伸びたケーブルをそのままにしておくと、車に踏まれたり、子供のいたずらで傷む可能性がある。使用後にケーブルを筐体内にしまえばその心配もない。ケーブルを筐体の中に格納するタイプの充電器は業界初だった。また、リール形式の自動巻取型収納機構を備えており、ケーブルの引き出しや収納を片手で行えるなど利便性に優れている。
 製品の開発には自社のアイデアだけでなく外部の意見を積極的に取り入れることで幅広いニーズに対応できる様にした。製品の外観を決めるデザインは最も重要である為、東京都中小企業振興公社が提供する企業のマッチングサービスを利用し工業製品のデザイン会社と共同で製品の構成を検討した。その結果、製品の外観が市街地の景観にとけ込むようなデザインを施した。安全設計と利便性が評価され、さらに環境に調和したデザインで製品価値が認められ、同公社が主催する11年のグッドデザイン賞を受賞している。

シェア15%が目標

 開発実績を買われ、12年にはパイオニアと共同でEV用の普通充電器を開発、13年7月から販売を始めた。充電器の厚さは100ミリメートルと業界内で最も薄く、自立スタンドで設置する以外に壁掛け式の設置方式も選択できる。商業施設やコインパーキングなどの公共利用用途や、マンションや個人宅などのB2C(対顧客)市場も開拓している。
 一方、EVの本格普及には、10分程度で充電できる急速充電器を社会インフラとして全国に隈なく設置する必要がある。同社はこの急速充電器も開発し昨年、標準化と普及を図る世界的組織CHAdeMOの認証を取得した。今後は、補助金を活用しながら製品の開発を進め、当面は首都圏でのEV用の充電器の拡販に注力し、総合的なエネルギーソリューションサービスを提供していく方針だ。3-4年後にはEV・PHV用普通充電設備の国内市場で15%のシェアを目指している。

EV用普通充電器

EV用普通充電器


Onepoint

電力向けで築いた信用力が武器

 現在、国内の自動車メーカーや関連企業でインフラの一部としてEVやPHV用充電器の実証実験が進められており、充電器の課金システムが重要な課題になると考えられている。実際にEVの充電にかかるコストは1時間50~100円程度。但し、充電器の設備自体は非常に高価なので、充電器の設置費用の一部を助成する国・地方自治体の補助金制度を利用し事業を展開していく考えだ。「電力向けの製品を扱う会社ということで新規の営業先にも技術面で信用してもらえる。また一般の方にもEVを通して当社のことを知ってもらえることは、今後の拡販に大きく繋がる」と営業担当部門の責任者は新規事業の拡大に期待をかけている。

関連リンク
  • 支援情報ヘッドライン
    ビジネスに役立つ無料セミナーなど公的機関による支援施策情報が毎日更新されます。
  • ビジネスQ&A
    経営者からのよくある質問に専門家が回答した事例集。

企業データ

大場雄介社長

大場雄介社長

会社名 (株)三英社製作所
代表者 大場雄介社長
業種 配電機器の製造業
所在地 東京都品川区荏原5-2-1
電話 03-3781-8111

掲載日:2013年12月27日

東京都

最近の記事


このページの先頭へ