本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


歴史と技術に裏付けられた計量システム [鎌長製衡]

元気のひみつ
  • 計量2製品が国内トップシェア
  • 明治時代の分銅製作から続く高い技術
  • 海外に市場拡大

 鎌長製衡は、産業用はかりと計量システムの専門メーカー。技術力と顧客提案力を武器に売上を拡大し、トラックスケールとホッパースケールは国内トップシェアだ。6代目の鎌田長明社長は、「顧客の満足する製品造り」をモットーに関連製品分野にも進出、積極的に市場を開拓している。
 同社は1880年(明治13年)に鋳造で創業した。明治政府の太政官布告により「おもり製作人」に指定され、分銅や台ばかり、棒はかりの製作を始めた。分銅は中を空洞に鋳造した後、鉛を入れることで素早く調整する方法を開発。さらに安い屑鉄から高品質の分銅を作り出す技術で発展した。この技術力が土台となり、今では産業用はかりをはじめ、計量システム、計測制御メーカーとして世界で認められる製品を数多く生み出している。

3次元技術で危険を察知

 車両の重量を測定するトラックスケールは、業界のパイオニア。アナログ式だった計量器の電子化の流れをいち早くつかんだ。高度成長期にはトラック輸送の本格化や車両の大型化に伴い売上が伸びた。近年は、荷重を検知するロードセル本体に増幅部とマイコンを組み込んだデジタルロードセル方式を開発、世界で初めて実用化した。鎌田社長自ら開発に取り組み2011年12月に完成したのが、3次元重心測定機能付きトラックスケール「サトルス」だ。
 トレーラーは積み荷の重心が高かったり、左右どちらかに偏っていると、制限速度を守っていてもカーブで横転する場合がある。ただ、海外から来る海上コンテナは国際ルールによって積み荷の中身を見ることが出来ない。サトルスは車両がトラックスケールに乗るだけで、開梱することなく積み荷の重心を3次元(前後・左右・高さ)で把握できる。これにより危険性の高い車両を発見し、横転事故を事前に防止できる。既に横浜港と高松港に設置された。高松港に設置した改良版は、コンクリートに穴を開けずに置くだけ。工期は3日で済む。この3次元重心測定システムを、離陸時の偏りや着陸時の"こすり"が心配される貨物航空機に応用すべく研究している。
 飼料や穀類などをサイロに受け入れる際に計量するホッパースケールも国内トップシェア。こちらは50年前に発売した。「穀物だけではなく空気も一緒に量ってしまうことが課題」(同)。長年のノウハウから空気の流れを考えた設計とし、正確に量れるようにした。最近では、化学製品や塗料など液体にも対応した製品も販売している。

製品の角化と海外展開

 はかり以外の多角化も進めてきた。古くは1965年ごろ、環境・リサイクル機器の開発に取り組んだ。「トラックスケールの一番の顧客は産業廃棄物業者だが、空き缶の輸送効率を上げるのに苦慮しており、缶の圧縮機を提案した。やがてリサイクル法も追い風となり、市町村の50%以上に採用されているのではないか」(同)という。金属製品や蛍光灯などの破砕機や、ペットボトルの圧縮減容機など製品ラインナップを拡充、さらにリサイクルプラントにも進出した。
 現在の売上比率は、トラックスケールが4割、自動はかりが3割、リサイクル機器関連が3割。今後は、海外での受注拡大を図る方針だ。2009年に韓国事務所を10年にはタイに子会社のタイ鎌長を設立した。韓国にはコンテナ港としてアジアナンバーワン釜山があり市場として有望。タイでは液体充填機や袋詰めをするはかりが好調だ。現在、海外売上比率は約10%だが、将来は大きく伸ばしていく考え。 1880年の創業だが「常に最先端を追い求め、顧客の求める新製品をつくり続けることが生き残る条件」(同)と意欲を燃やす。

三次元重心測定機能付きトラックスケール「サトルス」

三次元重心測定機能付きトラックスケール「サトルス」


Onepoint

二足のわらじで相乗効果

 12年7月に就任した鎌田社長は、実は東京大学大学院で画像処理を研究し、在学中に大学発ベンチャーを立ち上げ現在は2代目社長。東京と香川で二足の社長業に挑戦中。大学院で研究した技術が、3次元重心測定機能付きのトラックスケール「サトルス」にも生かされている。鎌田社長は経営者としての実行力と研究者としての開発力を生かし「常にニーズにあった新製品を作り続ける」と攻めの姿勢を貫く。

関連リンク
  • 支援情報ヘッドライン
    ビジネスに役立つ無料セミナーなど公的機関による支援施策情報が毎日更新されます。
  • ビジネスQ&A
    経営者からのよくある質問に専門家が回答した事例集。

企業データ

鎌田長明社長

鎌田長明社長

会社名 鎌長製衡(株)
代表者 鎌田長明社長
業種 産業用はかり、計量システム、計測制御、リサイクル用処理機器の製造・販売
所在地 香川県高松市牟礼町牟礼2246
電話 087-845-1111

掲載日:2013年12月19日

香川県

最近の記事


このページの先頭へ