本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


半導体ウエハーの一貫生産で存在感高まる [シマネ益田電子]

元気のひみつ
  • 中国にも負けないコスト競争力
  • 狭いエリアに集積させる技術力
  • タイでも一貫体制を確立し生産分業

 シマネ益田電子は独立系の半導体受託生産会社。最新鋭の設備を備え半導体ウエハーのダイシング、ボンディング、実装、封止、テストまで一貫受託できるのが強みだ。「組み立てやテストに特化する企業が多く、国内で一貫体制を敷くところは少なくなっている」(石川社長)ことから「規模的にはまだ中堅の入り口」(同)ながら存在感は高まっている。このほど国内のファウンドリとしてはいち早くタイでの生産を開始し国際化を着々と図っている。

スピード・ローコスト・ネットワーク

 1984年の創業当初は大手半導体メーカーから設備を貸与され、顧客もこの1社のみだった。しかしスピード、ローコスト、ネットワークという3つのキーワードが評価され、現在では10社以上の企業と取引がある。とくにコストについては人件費の相対的な安さや改善力の強化で「競争力では中国にも負けない」と胸を張る。また常勤役員3人のスリムな経営体制で、意思決定が早いのも特徴。携帯電話やパソコン、薄型テレビなどライフサイクルの短い製品への対応力が強い。
 一方、技術面のキーワードはSIP(システム・イン・パッケージ)、小型化、高周波の3つ。狭いエリアに集積させるモジュール品が得意で、顧客と共同で0.4×0.2ミリメートルサイズの実装部品を開発・量産したのは05年のこと。「当時は西日本で当社だけだった」という。創業当初からガリウム・ヒ素化合物半導体を量産しており、75マイクロメートルの薄物デバイスでは10年もの実績がある。またこれも当初から高周波デバイスを手がけており、高周波製品の一貫受託プロセスは自慢のひとつ。メガヘルツからギガヘルツ帯の評価技術を保有するなど豊富な経験がある。さらに基板の封止方式は印刷方式とトランスファーモールドの両方式に対応している。
 こうした技術力の高さから同社の製品は携帯電話用各種アンプ、衛星放送用電界効果トランジスタ(FET)、デジタルテレビ用IC、ゲーム機用センサーICなど多岐にわたる。

汎用品はタイで生産

 コスト競争力をさらに高めるため、このほどタイでの生産を開始した。13年11月に量産を始める。13年3月に全額出資の生産子会社、SMETを設立した。チョンブリ県シラチャ郡の工業団地に約6400平方メートルの敷地を確保。クラス1万のクリーンルームを備えた2200平方の建屋を建設した。同工場でも日本と同様にダイシングから実装、テストまでの一貫体制を敷く。携帯電話やスマートフォン部品を生産し、製品は当面日本に持ち帰る。14年4月までにISO9001及び14001を取得し、直接タイ国内やアジア圏の顧客に供給する考えだ。
 タイ工場は汎用品、廉価品の生産拠点とする。生産規模は当面、月間200万個程度だが、拡張の余地はまだあり、今後の有力な武器になりそうだ。進出のきっかけは顧客の要望もあるが「益田市近辺では人材の確保が難しい。大量の人員を確保しコストを下げようと思えば海外に出るしかない」との判断があった。益田市の人口は5万に満たない。定着率が高いのが自慢だが、それでも人材供給には限りがある。顧客の要請だけではなく、同社の置かれた立場からも、海外進出は必然の選択だった。

「止まらないライン」が目標

 海外展開の一方で、本社工場の競争力拡大にも余念がない。11年からPM(プロダクティブ・メンテナンス)活動に力を入れている。設備のメンテナンスまで行える現場オペレーターを育成し、「止まらない設備、生産ライン」を構築するのが目的だ。新鋭かつ高価な設備を早期に安定化させ稼働率を管理することで生産性の改善が可能になる。設備の維持管理ができる「SMO」、設備の補修・品種展開ができる「SLK」、設備改善推進・実行ができる「SST」の3段階に分けて認定する。今ではSMOはほぼ全員、SLKは17人が認定され、最上位のSSTは2人が挑戦中だ。

「止まらないライン」を目指して人材育成に余念がない

「止まらないライン」を目指して人材育成に余念がない


Onepoint

後継者育成そして株式公開を

 2001年に2代目として就任した石川社長は福岡市内の自動車会社に勤務し、営業マンとして将来を嘱望されていた。益田市に隣接する津和野町出身で、シマネ益田電子の創業メンバーの1人として旗揚げに参画した。同族会社ではないので「次の経営者を育成するのが最大の課題」。安定して利益を上げてきており、資金面に不安はないが「株式公開できるような企業に育てる」ことが将来の目標だ。

関連リンク
  • 支援情報ヘッドライン
    ビジネスに役立つ無料セミナーなど公的機関による支援施策情報が毎日更新されます。
  • ビジネスQ&A
    経営者からのよくある質問に専門家が回答した事例集。

企業データ

石川譲社長

石川譲社長

会社名 シマネ益田電子(株)
代表者 石川譲社長
業種 半導体の組み立て、検査
所在地 島根県益田市虫追町320-97
電話 0856-28-8100

掲載日:2013年12月 5日

島根県

最近の記事


このページの先頭へ