本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


広島発、ポリカーボネート樹脂加工で世界トップを目指す [レニアス]

元気のひみつ
  • ポリカーボネート樹脂加工の一貫生産システムを開発
  • 他社にない技術の構築と新規市場への突破力
  • 全従業員が正社員、全員営業、挨拶と10S活動の徹底

 レニアスはポリカーボネート(PC)樹脂を加工して、建設機械のキャビンルーフ、ゴルフカートのフロントウインドウ、高級車のライトカバー、鉄道車両の窓、防護用の盾などを製造する。特に建機関連の部品は国内の全建機メーカーに納入しており、キャビンルーフは9割以上の市場シェアを持つ。

 レニアスがPC樹脂を扱い始めたのは約20年前。当時、建機キャビンのルーフは鉄板が一般的だった。「視界と安全性を改善するために透明の樹脂にしたい」という建機メーカーの要望に応えて、PC樹脂製ルーフの開発に着手した。しかしPC樹脂はガラスに比べてキズがつきやすく、黄変劣化するなどの欠点があった。これらを解決するため、独自のコーティング技術とシルク印刷、成形技術を組み合わせて、部品の設計から生産までを一貫供給できるシステムを構築した。多品種少ロットや突発的な注文もこのシステムで対応。安定した品質、短納期を実現してシェアを伸ばした。

 近年、海外資本の建機メーカーが台頭し始めており、「品質と技術を海外メーカーに積極的に売り込んでいく」(前田導社長)計画だ。

積極的な市場開拓

 レニアスではここ数年、製造ラインの増設や成形機の大型化といった設備投資を続けている。背景にはPC樹脂の用途拡大がある。PC樹脂は強度がガラスの約250倍あるのに、重量は半分。断熱性能も高い。軽量化による燃費向上を狙う電気自動車(EV)などに適している。

 レニアスのPC樹脂窓は、神奈川県といすゞ自動車が共同開発した電気バス(試作車)のフロント以外のすべての窓に採用されている。2012年には台湾の大手EVメーカー向けに量産を開始した。国内でも新規分野への採用が増えており、バスのフロントガラス上部に付けるサンバイザーのほか、シムドライブ(川崎市)が開発中のEVなどにも使われている。将来、企業による大規模な農業経営が進めば農業機械も変わることが予想され、新たな提案ができるとみる。

 軽量で断熱性や耐衝撃性があるPC樹脂は、コーティングを施すことで耐摩耗性、耐薬品性、耐候性が高まる。ガラスからの置き換え需要が見込めることから、EVをはじめ、あらゆる自動車やバス、節電対策の住建部材、防犯グッズへの展開も期待されている。

技術戦略と人材戦略

 今年度稼働した生産ライン内の大型熱成形機は自社開発した。成形機内にあるヒーターの配置を独自のものにし、均一な加熱ができるようにした。これらの技術はあえて特許申請していない。「生産技術のブラックボックス化で他社への流出を防止する」(前田社長)戦略で、「ブラックボックスにするところと、パテント化して大手メーカーからロイヤルティーをもらい利益還元するところを分別している」(同氏)という。

 レニアスの戦略は明確だ。安易に大量生産の仕事は狙わない。市場での自社の存在理由と占有率、将来性を常に意識する。大量生産すれば売り上げは増えるが、前田社長は「投資としての設備償却も増えるし社員数も増える。大切なのは仕事の内容」と説明。「今ある強みを生かすためにも、日頃から品質、サービスの進歩が必要で、利益体質で無ければ新しい開発はできない」と説明する。

 こうした生産活動を支えるのが、環境作りと人材戦略だ。レニアスでは行動10則(S)を策定。世界の工場でも見かける、整理・整頓・清掃・清潔・しつけの5Sに加えて、信念・執念・使命感・スピード・シンプルの5つを創作し、全社で10S活動を展開している。

 人材戦略の大元となる従業員は全員正社員で、どの部門の社員も顧客目線で営業する意識を持たせている。常に部分最適ではなく、全体最適の意識の浸透も図っている。「最高のパートナー(社員)と最高の会社を創っていきたい」(前田社長)。日々、膨張ではない真の成長を目指した挑戦を続けている。

自社で穴あけ加工などを施し、製品化する

自社で穴あけ加工などを施し、製品化する


Onepoint

魅力ある企業

 PC樹脂製品の進化が重いガラスからの置き換えを計画するメーカーだけでなく、新規商品にPC樹脂を使ってみたいというメーカーが増えている。こうした企業はレニアスの門を叩き、その生産システムの立派さに驚きを隠さない。

 訪れるのは企業だけではない。全国の就職活動中の学生もだ。成長企業ということを知り、レニアスへの就職希望者は年々増えている。「あらゆる人から見て、魅力のある企業」と言っても過言ではなさそうだ。

関連リンク
  • 支援情報ヘッドライン
    ビジネスに役立つ無料セミナーなど公的機関による支援施策情報が毎日更新されます。
  • ビジネスQ&A
    経営者からのよくある質問に専門家が回答した事例集。

企業データ

前田導社長

前田導社長

会社名 (株)レニアス
代表者 前田導社長
業種 輸送用機器及び特殊車両の部品、セキュリティ商品の開発・製造・販売
所在地 広島県三原市沼田西町小原200の76
電話 0848-86-1137

掲載日:2013年11月29日

広島県

最近の記事


このページの先頭へ