本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


“門番”と“水神”で全国区企業に [小松電機産業]

元気のひみつ
  • 二つの絶対的商品
  • 海外に市場拡大
  • 若手経営者に刺激与える

 小松電機産業は高速シートシャッター「門番」と、クラウド方式の総合水管理システム「やくも水神」というまったく異なる領域で自社商品を展開する。農機メーカーの技術者だった小松社長が1973年、わずか10万円の資金で自宅納屋を改修して創業した。それから40年。シートシャッターは国内シェア30%を占め、総合水管理システムも300近くの自治体に納入。いずれも確固たる地位を築いた。島根県では数少ない全国区の企業である。小松社長は自ら立ち上げた「人間自然科学研究所」の理事長をつとめるなど、独自の経営理念とビジネスモデルを実践している。

シートシャターの市場つくる

 シートシャッターは1985年に商品化し、全国展開した。同社はこの分野のパイオニアであり業界トップの13万台以上の納入実績がある。これは山陰の工場環境、とくに冬季の厳しい環境から生まれた。工場内の出入り口がスチールシャッターだけでは風雪が内部に吹き込み、暖房効果も落ちる。また食品工場などでは衛生面の観点から外気と遮断する環境が必要になる。スチールシャッターの約20倍もの速さで高速開閉し、密閉性や安全性も高いとあって瞬く間に全国に普及した。
 2010年に発売した最新鋭のGシリーズ「happy gate」は開閉性能、密閉性、安全性とも飛躍的に向上させた戦略商品だ。シート上昇速度は最速で毎秒3メートルを実現。センサーによる自動制御で3段階で運転する。下降中にセンサーで異状を検知するといったん停止し同1.5メートルの中速で上昇する。また動作中に接触したり負荷を検知すると同0.5メートルの低速で上昇する。万一停電してもシートを持ち上げれば簡単に脱出できる。機密性もパイプレス構造とし、エアタイトシールを取り付けることでサイドフレームや巻き取りボックスからの空気やほこりの流入を防止。同社の従来商品と比べ約18倍の機密性を実現した。
 同シリーズはクリーンルーム仕様や冷蔵・冷凍庫仕様、防爆仕様、エアカーテンやエアシャワー一体型などシリーズ化。用途が飛躍的に広がった。従来は工場や物流倉庫などが中心だったが食品・薬品、電子、印刷・樹脂、精密機器などへの採用が進んでいる。小松社長は「国内市場は成熟しつつあり、海外で打って出る時期」と国際化もにらんでいる。

水管理システムも実績増やす

 一方、ウェブタイプの総合水管理システム「やくも水神」は、1992年に発表した。小松社長は「このアイデアは『門番』よりも前から温めていた」と振り返る。サラリーマン時代に下水道用のポンプと出会ったのがきっかけだ。テレメーターによる遠隔監視設備の第1号は1977年に島根県美都町(現益田市)に納入。「やくも水神」の原型となるパソコンと公衆回線を使用した監視システムは1988年に滋賀県びわ町(現長浜市)に納入している。
 従来の中小規模の下水道施設管理にはNTTの専用回線による中央監視システムや一般回線を使った通報装置が多用されていた。ただこれらのシステムは災害に対して脆弱(ぜいじゃく)でコスト高になりがちだった。「やくも水神」のネットワークは従来の中央監視システムをはるかに上回る機能を持つ。
 NTTドコモのバケット通信網を通じて入ってくる情報をインターネットを通じて情報提供する。ドコモのFOMA網を活用しているので公衆回線を開設する費用が要らずランニングコストも大幅に低減できる。また特殊なソフトやハードも不要なので導入がたやすい。施設の管理情報は24時間365日提供され、緊急時には警報メールを一斉送信する。ユーザーはパソコンのほかタブレット端末やスマートフォンなどを通じ、遠隔地から施設の監視や制御、設定内容の変更を行える。2003年からはNTTドコモの代々木ビル(東京都渋谷区)にメーンサーバを置き、本社のサーバとあわせ2拠点体制で盤石のセキュリティー体制を構築した。発売以来、全国の下水道や農業集落排水処理施設、水道施設、水門施設など順調に実績を伸ばしている。
 小松社長が理事長をつとめる人間自然科学研究所は1988年、若手経営者20人が集まった「知革塾」がベースになっている。「いつも楽しく生きられる地球社会」への道筋を論理的にとらえるのが理念だ。設立以降、平和・環境・健康をテーマにシンポジウムや出版活動を続けてきた。「誰もがなしえなかった『平和の事業化』に本腰を入れて取り組みたい」と壮大な構想を温めている。


シートシャッター「門番」

シートシャッター「門番」


Onepoint

海外に成長の可能性あり

 まったく異なる分野に属する2つの自社商品を持ち、それぞれが高シェアを有し認知度も高い。小松電機産業のビジネスモデルは特異であり、島根県内ではまれな企業だ。シートシャッターは国内では成長性に限りがあるが海外を展望すればまだ可能性がある。水管理システムはまだ普及の余地がある。その意味で同社の成長余力はまだ衰えていない。弱点があるとすれば創業者である小松社長のカリスマ性への過度の依拠。ただ企業規模にふさわしく人材の厚みもあり、懸念材料にはならないかもしれない。

関連リンク
  • 支援情報ヘッドライン
    ビジネスに役立つ無料セミナーなど公的機関による支援施策情報が毎日更新されます。
  • ビジネスQ&A
    経営者からのよくある質問に専門家が回答した事例集。

企業データ

小松昭夫社長

小松昭夫社長

会社名 小松電機産業(株)
代表者 小松昭夫社長
業種 シートシャッター、総合水管理システムの開発・製造・販売業
所在地 島根県松江市乃木福富町735-188
電話 050-3161-2487

掲載日:2013年4月 1日

島根県製造業

最近の記事


このページの先頭へ