本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


アジアの成長を取り込む [大川精螺工業]

大川克良社長

大川克良社長

会社名 大川精螺工業(株)
代表者 大川克良社長
業種 特殊加工ねじ部品の製造販売業
所在地 東京都品川区東五反田2-20-4
電話 03-3280-1818

 大川精螺工業は冷間鍛造技術を用いて自動車や家電、精密機器の機能部品を手がける。主力製品は、自動車のブレーキホース口金具で、「国内シェアはおよそ4割を占める」(大川克良社長)。今年で創業78年を迎える老舗のモノづくり企業。1963年には、当時日本で珍しかったパーツフォーマー(冷間鍛造機)を導入し、ブレーキホース口金具の製造に着手したという。蓄積してきたノウハウが強みだ。
 大企業の海外シフトに伴い、国内のモノづくりは空洞化が進みつつある。価格に対する要求は厳しさを増す一方だ。その中で、海外営業を強化している。大川社長が着目しているのは海外拠点の「タイ大川」。アジアの需要を取り込むため、タイの増強に着手している。

タイ工場を増強

 タイ大川(ラヨーン県)の第2工場が3月に完成する。成長が続くアジアの自動車産業の需要に対応するため、約5億円を投じた。現行の第1工場と合わせた自動車部品の生産能力は、2014年3月までに、2倍の年1600万個に引き上げる計画という。
 「タイを中心に、アジアでの営業を強化する。特に着目しているのはインドネシア」と大川社長は言う。世界4位の人口を抱える同国で、「将来的には現地に拠点を持ちたい」(大川社長)考えだ。
 タイでは89年に100%出資子会社のタイ大川を設立した。当時、現地で水害が発生したことを受け、09年には高台にあるヘマラート・イースタン・シーボード工業団地に7万2600平方メートルの土地を取得し、現在の第1工場を建設した。この時の判断が奏功し、「昨年の大洪水の影響は軽微だった」と大川社長は振り返る。
 アジアの旺盛な需要を受け、第1工場が手狭になり、隣接地に第2工場の建設を決めた。床面積は第1工場と同規模の約7350平方メートルで、人員は現在の280人から2年で450人に増やすという。日系メーカーの現地調達の需要に応えるとともに、現地資本メーカー向けの販売も強化する。
 国内の生産拠点は、水戸・横浜の2カ所。「水戸工場はマザー工場として、研究開発能力を維持する。ただ、生産は随時タイに移管する予定」(大川社長)という。現在約3割の海外生産比率を2年で5割まで引き上げる考えだ。

自社製品で節電ニーズを開拓

 同社にとって最大のピンチは、2008年のリーマンショックだった。「受注量はショック前の7割減。3割になった」(大川社長)という厳しい環境の中でも、新事業の芽を育ててきた。
 昨年の6月、自社製品の第一号として、発光ダイオード(LED)街灯「トラストワン」を発売した。従来、OEM(相手先ブランド)供給してきたLED街灯を「大川ブランド」のもとで、自動車部品製造と並ぶ売り上げの柱に育てる考えだ。
 きっかけは、東日本大震災だった。停電に見舞われた水戸工場で、「周囲が真っ暗な中、LED街灯のデモ機が唯一光っていた。見ていた人にかなりの安心感を与えた」(大川社長)経験に基づく。震災後、全国的に高まっている節電需要に対応する。また、避難所や大規模工場などでの非常用の明かりとして採用を提案する。
 「トラストワン」はソーラーパネルで発電するLED街灯。17ワットのLED照明を搭載している。出力125ワットのソーラーパネルで、日中3.3時間充電すれば2日間点灯できる。太陽光以外の電源を必要とせず、公園や駐車場などの非常電源用、節電のための代替用などを主な用途に想定する。価格は1台98万円。自動車部品製造の経験から、LED街灯では珍しい保守契約やアフターサービスを充実させた。「3年以内に、年1億円を売り上げる」のが当面の目標だ。


冷間鍛造でつくる「ブレーキホース口金具」

冷間鍛造でつくる
「ブレーキホース口金具」


Onepoint

顧客の信頼が財産

 「工場を毎月回って、5Sが徹底されているか、年間目標は達成されているかを確認する」と語る大川社長。「社長は営業本部長」との信念に基づき、トップセールスで海外出張にも頻繁に出かける。「トップが現場に足を運べば、情報が共有され全体のレベルアップにつながる」。顧客の信頼が何よりの財産という。


掲載日:2012年2月22日

東京都製造業

最近の記事


このページの先頭へ