本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


スイスの時計メーカーをうならせた職人技 [ケーイーエフ]

伊与久義武社長

伊与久義武社長

会社名 ケーイーエフ(株)
代表者 伊与久義武社長
業種 ゴム部品(パッキン等)の製造・販売業
所在地 千葉県佐倉市六崎1607
電話 043-486-2165

 ケーイーエフはパッキンやOリングなど精密ゴム部品の製造・販売を手がける。電子機器類の高機能化に伴い、ゴム部品への要求性能も高度化している。同社は長年培った技術で顧客の信頼に応えつつ、新たな市場の開拓にも余念がない。一方では手作業に頼る部分が多かった生産技術の革新に着手し、次の飛躍に備えている。

クラフトマンシップ

 同社の設立は1967年(昭42)。腕時計の防水パッキンのメーカーとしてスタートした。当時、防水仕様の腕時計は存在せず、ちょっとした水仕事でも時計を外すのは当たり前だった。その常識を同社が変えた。小型のパッキンを精密に成型する要素技術をスイスの一流腕時計メーカーに持ち込み採用を打診。ちょうど業界でも防水技術を探していたこともあり、好感触を得た。「金型がないので彫刻家に彫ってもらった」(伊与久義武社長)という手探りのスタートだったが、無事に採用が決まった。
 スイスの腕時計メーカーとの取引は現在も続いている。「これまでパッキンが原因の防水不良は1度も起きていない。顧客は40年の歴史を買っている」(同)。同社が4000種類のパッキンと3000種類の金型をストックしているのも、長年続く顧客との信頼関係を守るためだ。伊与久社長は自社の仕事を「日本が目指すクラフトマンシップ」と自負している。

秘伝のタレ?

 ゴム部品の性質で重要なのは反発力。防水や防塵(ぼうじん)、防振といった性能を発揮するにはできるだけ長時間反発し続けることが重要だ。同社の精密ゴム部品は、天然ゴムや合成ゴムに5-6種類のゴム薬品を混ぜ合わせて製造する。ゴムの配合技術はちょうどラーメンのタレの作り方と同じ。「入れる順番や混ぜ方、温度で“プロの味”になる」(同)。作り方はもちろん「秘伝」だ。
 金型の精度やバリが出ないように丁寧に仕上げる職人技も必要になる。同社が作れる最小のパッキンは外径0.15ミリ、内径0.05ミリ、線径0.05ミリメートル。「世界最小をうたって何年も各国の展示会に出しているがクレームは一件もない」と伊与久社長。小さすぎて製品化のオファーも来ない、と苦笑するが、この“世界最小のパッキン”には他社の追随を許さない同社の技術力が端的に示されている。
 腕時計用パッキンで世界に認められ、さまざまな市場に展開してきた同社。07年には下請け仕事を断ち、独立独歩の姿勢を鮮明にした。売上高の約2割が吹っ飛んだが、将来を見据え受け身から攻めの営業に転じた。結果はすぐに表れた。国内プリンター大手をはじめ、新規顧客の開拓に相次いで成功。11年度の売上高は下請け分を除けば実質的に過去最高となる見込みで、来年度分の受注も順調に積み上がっている。「下請け構造は経済の活性化を阻害している。皆さんにも脱・下請けをお勧めしたい」。伊与久社長は屈託なく笑う。

生産技術の革新

 ゴム部品の生産はいわば型抜きと同じ。製品の内側と外側は不要なので、材料の80%は捨ててしまうことになる。型から取り出し、バリを取り除いて仕上げ、品質を検査するという一連の作業のほとんどは人の手が頼りだ。同社は98年に中国工場の操業を開始。人件費の問題をカバーしてきたが、タイの洪水などもあり、リスク分散の必要性を感じている。
 製造工程で生じる無駄と、人の手に頼る限界を同時に解決する策として、現在、伊与久社長が目指しているのは、材料を100%活用できる新しい成型方法を取り入れた自動化設備の開発だ。ゴム部品自体が小さいので設備も小さくて済む。「まずは日本で自動化技術を完成させる。完成すれば各国のユーザーの近くに“ミニ工場”を展開する。安価な労働力を求めるのではなく、戦略的な海外進出を目指す」(同)。
 掲げたテーマは「日本回帰」。不安にあおられるように海外進出を急ぐ中堅・中小企業も少なくない中、同社が描く新しい世界戦略は、ひときわ異彩を放つ。


豊富な製品をラインアップするケーイーエフ

豊富な製品をラインアップするケーイーエフ


Onepoint

社員のグローバル感覚が成長のカギ

 多国籍人材の活用を掲げる同社。30人ほどの社員の中にはベルギー人もいればアメリカ人、中国人もいて、それぞれリーダー的存在として活躍している。世界中に顧客がいるので長期の海外出張も当たり前。「つい先日も20代の社員が中国で大型の商談をまとめてきた」と笑顔の伊与久社長。社員一人ひとりに身に付いたグローバルな感覚が同社の成長を加速しているようだ。この時期、あえて「日本回帰」を掲げる同社の次の一手から、目が離せない。


掲載日:2012年2月15日

千葉県製造業

最近の記事


このページの先頭へ