本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


表面処理業界のベンチャー [大東化成]

大山一彦社長

大山一彦社長

会社名 (株)大東化成
代表者 大山一彦社長
業種 表面処理業
所在地 大阪府堺市美原区北余部501-3
電話 072-369-7851

逆境をバネに

 大東化成は大山一彦社長が2002年に25歳の若さで創業した。卵焼き専用フライパンから金型などの機械部品まで、多種多様な製品の表面処理を手がけている。主力はフッ素樹脂コーティングで、ほかにポリウレタンやセラミックス、それらの複合材コーティングも行う。10年には近畿経済産業局の「2010KANSAIモノ作り元気企業100社」に選ばれている。
 前職で表面処理のノウハウを身につけていた大山社長だが、「お客さんを持って独立したわけではなく、ゼロからのスタート。当初は苦労が絶えなかった」と振り返る。それでも05年ごろには仕事が増え始め、09年に法人化。同年に第2工場、11年1月に第3工場を建設と、順調に事業を拡大している。
 創業当時はITバブル崩壊後のIT不況のまっただ中。その後も何度も経済不安に見舞われながら同社が安定成長を続けている背景には、「逆境をバネに」のキーワードがある。そもそも02年に独立したのは、勝算があってのこと。大山社長は「不況下だからこそ、コスト削減のため各種部品を補修して再利用する表面処理の需要が増加する」と考えた。
 予想は的中し、現在は不況のたびに仕事が増える流れができている。11年は9月末までに約120社の新規顧客を獲得。年間では10年比1.4倍の140社に達する見込みという。
 同社の技術力を象徴する内径1ミリメートル以下の金属パイプ内面へのフッ素樹脂コーティングも逆境の中から生まれた。当初は各戸に配布される電話帳を頼りに営業を開始。電話ではもちろん、企業に足を運んでも話さえ聞いてもらえないのが当たり前だった。そこで開発に力を注ぎ、05年に極細パイプへのコーティング技術を実用化した。
 現在では内径1ミリメートルのパイプで0.1ミリメートル以上、内径0.5ミリメートルのパイプで0.02ミリメートル-0.1ミリメートルのフッ素樹脂層の成膜に成功している。特に0.1ミリメートル以上の膜をコーティングした極細金属パイプは、分析機器への応用で部品の劣化による精度低下を防げると注目されている。
 技術開発に成功したもう一つの要因について大山社長は「どこにもない技術を顧客に提供したいという強い思いがあったから」と胸を張る。細いパイプにフッ素樹脂をコーティングするニーズは以前からあったが、表面処理業界では「不可能」と諦める向きが多かった。それでも同社は果敢に挑戦し、結果を出した。

成長への布石着々

 企業のPRにウェブサイトを活用しているのも同社の特徴だ。同社は05年にホームページ(HP)を開設した。その後、徐々に問い合わせが増加し、HPの重要性を痛感。07年以降は最低でも1週間に1回はHPを更新しているといい、年々内容を充実させている。HP開設前に30社程度だった顧客は、現在は約500社まで拡大。うち8割がHPを通じて獲得した顧客だ。
 成長への布石はほかにも打っている。11年4月には材料開発要員として初めて大学新卒社員を採用した。メーカーのコーティング材料は耐摩耗性や耐衝撃性、非粘着性などのバランスが取れている半面、一部の機能のみを強化した材料は少ないという。そこで顧客の要望にきめ細かく応えるには、独自の材料開発が不可欠と判断したからだ。
 さらに、経営基盤を強化するため、最終製品の開発も視野に入れている。創業以来、リーマン・ショックなどの影響もなく順調に売り上げを伸ばしている同社だが、今後は単一事業では安定した収益の確保が難しいと見ている。現状では具体的な方向性は見えていないが、プロ用の工業用品の開発を想定。顧客の中には共同開発の意思を示している会社もあるという。
 大東化成は14年11月期に現状比2倍以上の2億5000万円の売り上げ目標を掲げる。逆境をバネに成長を遂げてきた同社なら、十分達成可能な数字と言える。今後も同社の快走はしばらく続きそうだ。


独自の表面処理技術で製品劣化を防ぐ

独自の表面処理技術で製品劣化を防ぐ


Onepoint

技術開発とPRの融合で成功

 大東化成の全社員8名の平均年齢は31.1歳と若く、職場には活気があふれている。特に大山社長は、柔らかい物腰とは裏腹に経営では攻めの姿勢を貫いている。独自の技術を開発し、市場の要望に応え続ければ必ず顧客から支持されると信じて疑わない。加えて社員10名以下の規模のモノ作り企業としては、HPの活用度で群を抜いている。最近は中小企業でもHPを持つことが当たり前になっているが、ほとんど更新していないHPも散見される。同社のHPは参考にする価値がある。


掲載日:2011年11月 2日

大阪府表面処理

最近の記事


このページの先頭へ