本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


経営管理システムをいち早く導入して成功 [ぎょうざの満洲]

池野谷ひろみ社長

池野谷ひろみ社長

会社名 (株)ぎょうざの満洲
代表者 池野谷ひろみ社長
業種 中華料理製造・販売
所在地 埼玉県坂戸市にっさい花みず木1−4−1
電話 049-288-7100

皮は手づくりと同じ水分比率に

 ぎょうざの満洲は“安くておいしいぎょうざが安心して食べられる店”を経営理念にする。金子梅吉会長が脱サラし、1968年に創業した。
 池野谷ひろみ社長は会長の娘で、約4年間の他社勤務を経て1987年に入社。メニューを原材料に置き換え、レシピ化するとともに、コンピューターによる在庫管理、受発注の経営管理システムを構築した。事務経験を生かしたもので、外食業としては素早いシステム化だった。同社の看板商品「生ぎょうざ」は、基本的に、前日に売れた数量を自動的に翌日製造するシステムになっている。店で商品として販売する当日の朝3時からキャベツを切り、具を混ぜ合わせて成形する。
 2005年6月に、埼玉県坂戸市に新本社工場を構え、餃子(ぎょうざ)のラインを増設した。製造時間を大幅に削減でき、1時間に約5万4000個を製造する。「外食といっても、家庭の食の延長線上。いかに家庭の味に近づけ、おいしく食べていただくか」(池野谷社長)が勝負となる。一消費者としての感覚を忘れてはいけない。
 「餃子の半分は、皮が占めている。水分をたくさん含んでいたほうが断然おいしい。うちの皮は、手づくりと同じ約50%の水分比率で製造が可能」(同)と胸を張る。通常の機械製造だと、水分を30−40%程度しか含まないため、機械をメーカーと共同で開発した。

全店直営で60店舗、5年後は100店舗に

 現在、全店直営で60店舗を展開。5年後には100店舗に拡大するのが目標だ。「勤務地だけでなく、自宅でも食べたいという顧客ニーズを吸い上げ、広く展開してきた」(同)。その日に製造した餃子を出荷するため、埼玉県の坂戸、鶴ケ島両工場から50キロメートル圏内、駅前から150メートル以内に店舗を構える出店方法を採っている。また、全社の成長率がマイナスなら、出店を控えて内部を充実させることで、過度な出店を控える堅実な経営を行っている。
 2005年11月には、埼玉県から彩の国指定工場の認定を受けた。さらに本社と坂戸、鶴ケ島の両工場、全店舗で品質管理・監査の国際規格「ISO9001」の認証を取得した。「ISOの認証取得は2004年の1年間をかけて全社員で取り組んだ。自分たちの不足部分を身をもって体験できた」(同)という。これらの功績が認められ、2005年度の「第23回優秀経営者顕彰」(日刊工業新聞社主催)で女性経営者賞を受賞した。
 工場新設によるハード面の充実と並行して、人材育成といったソフト面の強化も進めている。2005年12月からは、月に一度の社員研修を実施している。これを通して、生産面でのトラブルも徐々に減少しているという。「これまで出店してきた店を畳んだことがないのは誇り。今後も、一度店を出したら、その地に根付いていくつもりで店舗経営を進めたい」(同)と今後を見据える。当面の目標は、フル生産の工場稼働だ。

店頭に並ぶ当日に製造・出荷する「生ぎょうざ」の製造ライン

店頭に並ぶ当日に製造・出荷する
「生ぎょうざ」の製造ライン

Onepoint

消費者を飽きさせない工夫がカギに

 あえて餃子を前面に押し出し、おいしさを追求してきた点が消費者の心をとらえた。前日売れた量を製造するため、売り切れてしまうこともあるとか。これまで守り抜いてきたスタンスを大切にしつつ、消費者を飽きさせない展開ができるかが今後のカギとなりそうだ。また、規模拡大に伴い求心力の確保や、柔軟な経営姿勢が問われるだろう。


掲載日:2011年6月24日

埼玉県食品製造業

最近の記事


このページの先頭へ