本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


健康にいい水にこだわる [ブルー・マーキュリー]

室田渉社長

室田渉社長

会社名 (株)ブルー・マーキュリー
代表者 室田渉社長
業種 水素水製造販売業
所在地 東京都中央区八丁堀1-9-6
電話 03-3552-2722

市場開拓に力を注ぐ

 人間の体の約70%は水分でできている。だからこそ、その水にこだわりたいという人が増えている。安全・安心はもちろん、健康によければなおさらいい。研究開発型ベンチャー企業のブルー・マーキュリーは、水に着目。体内の活性酸素を中和し、免疫力を向上させる効果があるという“還元性”が非常に高い「中性水素結合還元水」の生成に成功した。健康飲料水として販売しているほか、温泉施設などに小型プラントをリース販売するなど、市場開拓に力を注いでいる。
 同社は02年9月に設立。水素結合力を利用した低公害燃料の開発に携わってきた室田渉社長が、還元性の高い水(酸化還元電位がマイナスの水)を人工的につくり出すことに2年半かけて成功し、独立した。
 実際に、医師の協力により試してみたところ、活性酸素が原因の一つといわれる糖尿病や高血圧、アトピー性皮膚炎などの症状が緩和された事例も出ている。味は普通の水と変わりない。
 現在、通販大手の千趣会を通じ「おいしい水素水」(500ミリリットル、500円)として販売している。ただ、製品特性から商品の説明が必要なことから、カタログ販売は有効ツールではあるものの、「実際に体験しないと、リピーターになってくれない」(室田社長)ため伸び悩んでいる。

法人営業を強化、タイにプラント設立

 そこで実際に体験できるように、群馬県・草津で大型スパリゾートを運営する中沢ヴィレッジに小型プラントをリース販売し、施設内のお風呂やエステサロンで還元水を利用してもらっている。
 小型プラントを2台導入した中沢ヴィレッジの中沢康治社長は「利用客からは肌がすべすべして温まると好評」という。プラントの還元水生成能力は1時間当たり1トン。リース料金は1台につき毎月15万円。このほか300万円の保証金が必要となる。
 中沢ヴィレッジへの導入を機に、ブルー・マーキュリーは法人向けの営業活動を強化。スパリゾート施設のほか、高級分譲マンションへの導入を目指し、ディベロッパーへ売り込んでいる。
 また、アトピー性皮膚炎にも効果が見込めることから、都内の空きビルの一室にユニットバスを並べて、患者に還元水を利用してもらうスペースを設け、皮膚科医から推薦してもらえるような仕組みをつくる計画だ。
 海外展開にも意欲的で、タイには現地法人を設立し、プラント工場が完成。現地パートナーである財閥ルートを通じ、病院などの販路を開拓していく。

「おいしい水素水」

「おいしい水素水」

Onepoint

信頼性向上へデータの裏付け急務

 研究開発型のベンチャーだけに、販路開拓は苦手な分野。試行錯誤を繰り返しながら販売提携を模索している。特許を国内外で出願中で、ライセンスビジネスも見据えている。ただ、健康をうたう水のビジネスは、商品の信頼性が第一。「各家庭にも入るような“スタンダードな水”になる」(室田社長)という最終目標を実現するためにも、信頼性を裏付ける医療機関や公的機関の治験データを揃えることが急務といえる。


掲載日:2009年5月18日

東京都製造業

最近の記事


このページの先頭へ