本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


水彩絵の具で大手メーカーに風穴 [企業組合まっち絵具製造]

小出宗治代表理事

小出宗治代表理事

会社名 企業組合まっち絵具製造
代表者 小出宗治代表理事
業種 水彩絵の具製造業
所在地 長野県千曲市須坂474-1
電話 026-275-1774

水彩絵の具で大手メーカーに風穴

 専門家向けの本物志向の水彩絵の具を製造販売する「企業組合まっち絵具製造」は、「Match Color」ブランドで展開している。73年に商店や小企業の個人13人が組合員として出資し、設立した。小出宗治代表理事は、株式会社に似た組織だという。社名の「まっち」は、調和という英語が由来となっている。
 小出代表理事は若いころから水彩画を描き、芸術を愛してきた。独自の水彩絵の具の研究開発に取り組んだきっかけは「絵の具に疑問や不満があったから」という。
 当時、国内外メーカーの水彩絵の具の原料となる顔料には有毒な重金属や、腐敗しやすい糊(のり)を防腐するための強力殺菌剤が使われていた。加えて、2色以上を混色すると色調彩度が落ち、透明度も失われた。
 創立時から環境に優しくて安全性が高く、混色しても高彩度を保つ水彩絵の具の製造研究に独自に取り組んだ。材料の性質から製造方法まで、基本知識から習得して研究を繰り返した。
 5、6年かけて理想に近い製造法を完成した。安全性の高い合成顔料と無毒な無機顔料だけを使い、でんぷん糊は使用しないで、色伸びが良くて腐敗しにくい天然アラビアゴムを採用した。そのため殺菌剤は、他社の数十分の1と微量で環境に優しい。河川や下水を汚染しない。
 各種のアレルギーを持ち、「化学物質過敏症」にまで進行した人様からは「世界で、唯一つ使える絵の具」として高い評価を受け、年々使用者が増加している。個人だけではなく学校全体が他社の絵の具から、この絵の具に変える学校も増えている。

広報は手作りのホームページで

 一方、紙面上に色を置いたときの透明感と鮮明さも実現した。この美しい色の製法技術は、同社の強みと財産になっている。従来の絵の具は、色の粒子の大きさや形状が異なるため、発色が不鮮明で混色すると高彩度の色調を保てない欠点があった。
 これに対して、Match Colorは「顔料のサイズを1マイクロメートル(1000分の1ミリメートル)の微粒子とし、形状も均一にして解決した」(小出代表理事)。顔料を電気・化学反応させて分散。フィルターに通してから、サイズと形状を同じ微粒子に造粒する。光の乱反射がないため、濁らず透明度が高い。
 小出代表理事は「他社に負けない、使う人の立場でつくった本物」と自信をみせる。人件費を省いて、高品質の原料を使用してきた。専門家向けだが子供が買える値段で、他社製と価格はほとんど変わらないことも強みだ。
 広報面は、手づくりのホームページ(HP)を中心に活動している。サイト中に「まっち美術館」を開設。水彩画の魅力を伝えるためギャラリーや紙芝居、絵の具の図書館など部屋がたくさんある。毛先が広がらない筆や丈夫なパレットも扱う。毎日5、6件の注文や多くの問い合わせが舞い込むという。
 まっち絵の具だけを使って、NHK趣味悠々「日帰りで楽しむ 風景スケッチ」が06年4月−6月まで、野村重在先生が講師となり放映された(野村重在先生の著作には「三原色で描く風景スケッチ」−朝日カルチャーセンター講座 旬報社。「今日から描ける はじめての水彩画」「風景塗り絵BOOK」−日本車文芸社。等、多数の著書が出版されている)。
 料理研究家で水彩画家の林真理先生の著作「透明水彩で描くお菓子」(マール社)では、「おすすめマッチカラー」として紹介をされ、また「いきいき水彩画10」(日貿出版社)では「奇跡の水彩絵の具・マッチカラー」と称されるほどだ。俳優で水彩画を描く榎木孝明さんからも絵の具の注文が毎年きているという。同社の絵の具の高品質が、専門家の間でも知られている証拠だ。
 「長野県内でも使う学校が増え全国的にも、認知が広がり始めている。課題はどうしたら他社の製品との違いを明確に理解していただけるか」。いまは全国から来る、問い合わせへの対応と、販売に力を注いでいる。

光の乱反射を防ぐため、濁らず透明度が高い

光の乱反射を防ぐため、濁らず透明度が高い

Onepoint


高品質をアピール


 実際に目の前で混色して、他社製との違いを見せてもらった。透明度や彩度は極めて鮮やかで、他社製との違いは歴然としていた。品質が良いのだから、あとは、いかに理解して使ってもらうかだ。コストはかかるが、画材店や美術展、学校などに出向いて、実際に違いを見てもらうのが一番ではないか。高品質をアピールして顧客が増加したとき、企業組合まっち絵具製造は、日本を代表する絵の具メーカーになる可能性を秘めている。



掲載日:2009年5月14日

製造業長野県

最近の記事


このページの先頭へ