本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


進化する超精密鏡面加工技術 [ティ・ディ・シー]

赤羽亮哉社長

赤羽亮哉社長

会社名 (株)ティ・ディ・シー
代表者 赤羽亮哉社長
業種 製造業
所在地 宮城県宮城郡利府町飯土井字長者前24-15
電話 022-356-3131

Ra1ナノメートルの面粗さを実現

 これまで超精密鏡面加工に特化してきたティ・ディ・シーは、金属、セラミックス、半導体、新素材、ガラス、プラスチックなど、ほとんどの材質にRa(面粗さの平均値の規格)1ナノメートルという超精密領域の面粗さを実現している。
 極わずかずつ削り一回の研磨量を超微量にすることで、寸法公差をプラスマイナス0.1マイクロメートルに制御することができる。また平行度や真直度、角度についても同レベルの加工精度を実現した。なかでも平面度は、50平方ミリメートルの領域であれば、50ナノメートル以下という面のウネリや傾きに抑えることが可能となっている。
 同社の鏡面加工技術は、各種の機械加工要素にも超精密加工が行えるように進化しており、国内最高水準の加工技術を維持している。

顧客の希望する加工精度を実現

 数年前まで数百社だったユーザー数も現在では2500社を超えるまでになっており、05年に東京営業所(東京都千代田区)を、07年には西日本営業所(大阪府吹田市)を開設したことで、高度化する顧客ニーズへの迅速な対応が可能となった。また各種の展示会への出展は年間十数回を数える。自社技術をアピールする機会を増やすことで、ブランドイメージの確立を目指している。この取り組みが奏功し「今では、できそうもない加工品はティ・ディ・シーへ、加工に困ったらティ・ディ・シーへという口コミが浸透してきている」(赤羽社長)という。
 「今後の顧客ニーズは、更なる超精密化」と赤羽社長は分析する。そこで同社の研究開発部隊は寸法、平行、角度など0.01マイクロメートルへの挑戦を行っている。すでに対応する各種測定器を導入済みで、「あとは成果を待つばかり」(同)の状態だ。また極小・極薄の超精密加工品のほか、長尺・大面積の高精密加工品の研究開発も進めている。さらに、研究開発で集積した超精密加工技術を一般加工品へ横展開することで、事業の幅を広げている。
 「今後は現状のオンリーワン加工技術を進化させながら、各種の加工要素において超精密を謳える技術を確立したい。また海外での顧客の発掘にも努めたい」(同)と抱負を語った。

SUS304基板鏡面加工品

SUS304基板鏡面加工品

Onepoint

既存技術を磨く

 同社の加工技術はラップ加工で、昔からある加工技術だ。しかし、そのようなシンプルな加工技術であっても、極めれば超精密の領域に達することができる。ティ・ディ・シーの手法は、中小企業の生き方のひとつと言える。


掲載日:2009年4月13日

宮城県製造業

最近の記事


このページの先頭へ