本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


おにぎり、巻寿司用海苔機械自動化[ザ鈴木]

鈴木允社長

鈴木允社長

会社名 (株)ザ鈴木
代表者 鈴木允社長
業種 製造業
所在地 大阪府守口市南寺方東通5-23-25
電話 06-6997-0017

激戦のおにぎり市場

 全国のコンビニエンスストアで1日に消費されるおにぎりは1000万個近いといわれる。消費が伸び悩む中でも安定した人気商品で、こうした「おいしい市場」だけに、生産・販売面での競争も激しい。ザ鈴木は、おにぎりにフィルムと一緒に海苔を巻いてワンタッチで処理する自動包装機の製造を手がけて、全国的に知られるようになった。
 握り飯と海苔を分けて包装しパリパリとした海苔の食感を楽しむ「分離型」はコンビニの定番商品で、同社はそれを自動的に成形・包装するシステムを持っている。
 それに加えて同社は、海苔のしっとり感で勝負する「直巻き」タイプも揃えている。直巻きは乾いた海苔になじみにくい混ぜご飯や肉類などの具材にもフィットするため、全国的に安定した人気がある。

巻寿司用海苔連接機

 同社は、コンビニエンスストアで販売されている巻寿司の大量生産機械に対応するため、海苔1枚1枚を自動的に接着し、ロール状に巻く海苔連接機を開発した。これにより、生産能力アップ、人件費削減を図ることができるという。

海苔を自動接着しロール状に巻き上げる海苔連接機

海苔を自動接着しロール状に巻き上げる海苔連接機

Onepoint

ニッチ市場でコツコツと

 大手機械メーカーが手がけないニッチ市場で地道にコツコツと開発、改良を続けてきた。「相手があってこそ仕事が来る。いつでもお客さんの要望に対応できるよう市場の動きをつかむことが肝心」と鈴木社長はいう。


掲載日:2009年4月 6日

大阪府 製造業

最近の記事


このページの先頭へ