本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


圧力計で国際競争力[高橋製作所]

高橋正司社長

高橋正司社長

会社名 (有)高橋製作所
代表者 高橋正司社長
業種 計器製造
所在地 長野県諏訪市大字中洲566-6
電話 0266-52-3090

 高橋製作所は64年の創業以来、圧力計・温度計の機構部(ムーブメント)製造に徹して多くの完成品メーカーに納入、その国内シェアは80%を超えている。品質、コストの両面で圧力計・温度計業界の発展に貢献し、国際競争力を高めた。
 「製品寿命が比較的長い業界」(高橋社長)にありながら、高シェアにあぐらをかくことなく技術開発を進め、圧力計ムーブメントでは、94年に特許を取得したブルドン管式耐震型測定器で第24回(平成10年度)発明大賞に入賞した。コストを従来の5分の1に引き下げたうえに、処分時の廃オイルも少ない環境にやさしい製品だ。
 圧力計は各種プラントにおいて生産面だけではなく、安全管理に欠かせないもの。コストがネックとなって最小限の設置に抑えられる傾向もあったが、低コスト化で普及に弾みをつけた。現在も「21世紀は10年ごとにヒット商品を出さないと成長が難しい。社会のニーズを先取りするアイデアを出していきたい」(同)と開発重視の姿勢を崩さない。

和を重んじた経営

 また、経営は「手形切らず、首切らず、縁切らず」の三切らずがポリシーで地域社会でも「和」を重視する。「子育てを通じ、女性はモノづくりの心を体得する」との考えから「従業員の8割強が女性で、今まで人手不足に陥ったことがない」という。諏訪商工会議所副会頭として、かつて東洋のスイスと呼ばれた諏訪の製造業再生に尽力している。

諏訪エリアから製品は世界へ

諏訪エリアから製品は世界へ

Onepoint

製造業の地道な活動

 諏訪地区は精密加工の分野でかつて脚光を浴びたが、地盤沈下は否定できない。こうした中で、国際競争力のある製造業の地道な活躍が、着実に産業界の再生につながる。


掲載日:2009年3月25日

製造業長野県

最近の記事


このページの先頭へ