本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


地域社会に密着した活動を[武蔵野]

小山昇社長

小山昇社長

会社名 (株)武蔵野
代表者 小山昇社長
業種 レンタル
所在地 東京都小金井市東町4-33-8
電話 042-383-6340

 東京・西部地区でダスキン代理店業務を主力に5つの事業を多角展開している。売上高は約32億円。「顧客第一主義」がモットーで、顧客対応などに情報技術(IT)を導入して、顧客へのレスポンスの迅速性を上げている。
 小山昇社長はもともとチャレンジ精神が旺盛で、ホームページを93年にいち早く開設し、ネットビジネスも研究した。しかし「フランチャイズが中心なので、ECで売るものがない」と、ITの主眼を社内インフラ整備に活用することにした。本社のコールセンターを拠点に、外出先の営業マンと顧客とが速やかに連絡が取れる体制をとっている。

フェース・ツー・フェースで

 「インターネットの時代だからこそフェース・ツー・フェースの対応で差がつく」との考えで、社内部門を徹底的にデジタル化、効率化する一方で、生み出した余力を顧客満足の向上に注いでいる。
 それに連動して地域社会への貢献にも力を入れている。地域に根を下ろした企業市民としての自覚を持つべく、2000年に部門横断的な「地域貢献チーム」を設置。メンバーはそれぞれの業務と並行して、地域貢献活動の社内調整などにあたっている。
 具体的には、小金井市内の障害福祉施設へ手洗い用品やマットなどダスキン商品を無料レンタルしたり、地元駅前商店街と協力して清掃活動に参加したりするなどしている。
 「以前から社会貢献にこだわってきたわけではない」と正直に認める小山社長だが、「(社会貢献は)身近なところからこつこつと始めたつもり」と語るように、着実な成果を挙げつつあるようだ。

顧客との接点になるコールセンター

顧客との接点になるコールセンター

Onepoint

ITが生んだ余裕

 ITを活用して生まれた余力を、顧客・地域社会との密接な関係づくりに役立てている。そこから生まれる信頼関係は、企業にとっても大きな財産。
 ITを業務改善のツールに終わらせるのではなく、新たな価値の創造につなげている点に注目したい。05年に、経済産業省の「IT経営百選」の最優秀賞を受賞している。


掲載日:2009年3月25日

IT東京都製造業

最近の記事


このページの先頭へ