本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


動画を駆使した情報サイトで攻勢 [CMサイト]

柴原誠治社長

柴原誠治社長

会社名 (株)CMサイト
代表者 柴原誠治社長
業種 ブロードバンド向け広告サービス
所在地 東京都港区六本木1-4-33
電話 03-6230-3123

インターネットCM制作の先駆者

 インターネット上でバナー広告が主流だった97年当時、いち早く動画や音声を駆使した「インターネットCM」の開発・制作に着手したのが柴原誠治社長率いるCMサイトだ。同社はアニメーションやシネマ、ゲームといったエンターテインメント性を持つインターネットCM制作の先駆的存在で、07年1月に創業10周年を迎えた。

 これまでに、延べ数で約3200種類のCMを手掛け、約600社のクライアント(顧客)に広告出稿をしてきた。顧客からの一件当たりの平均受注額はおよそ60万円。請け負うCMのジャンルは幅広く、最近では女性向けの化粧品(コスメ)や健康食品、ケーキやカニなどのお取り寄せグルメについても視聴者に分かりやすく伝わるようアニメーションなどを駆使して制作している。

20代、30代の女性会員が増加

 同社のインターネットCMを視聴するには事前登録(無料)が必要。登録会員は視聴後、ポイントを取得し、提携先のJCBカードのオキドキやジャパンネット銀行で商品などと交換できるという特典がつく。

 登録者数は現在、約155万人。そのうちの100万人にメール配信も行い、紹介した商品名や企業名の認知度、広告定着度などをアンケート形式で測ることで視聴者がどのような心理変化をしたのかを把握することができる。性別や年齢層、職種など階層ごとにきめ細かく行っている。最近は20代、30代といった女性が増えており、月平均で約2万人が新規登録者になっている。

 07年4月1日時点で、同社の社員数は30人になった。うちディレクターは4人。社外にも約30人のディレクターがいる。CMづくりではコマ送りを簡素化したアニメーションやナレーションを入れること、さらには画面の一部に実写を取り入れるなど工夫を凝らすことでより面白く、分かりやすいCMを提供している。「当社の強みは普通のテレビCMにはできない、視聴者との間でのインタラクティブ(双方向)なことができるところ」(柴原社長)と胸を張る。

 06年9月から登録会員のうち、ブログ利用者(ブロガー)を通じて行うクチコミ広告サービス「CMサイト・ブロガーズ」を開始した。現在、約30社の商材を静止画でのみ、個人ブログ上で配信している。また新規事業として、話題性や企業イメージを植え付けたい顧客向けにWeb2.0的な切り口でバイラルCMの制作・提供準備に着手した。07年7月には同社のサイトでリリースする計画だ。

 「世の中を楽しませるようなコンテンツを発信し、エンターテインメント性を持つコンテンツを自社で制作・発信することで、一つのメディアとみられる会社にしていきたい」(柴原社長)と意気込んでいる。

シネマやアニメーションを使い、エンターテインメント的なインターネットCMを提供する

シネマやアニメーションを使い、エンターテインメント的なインターネットCMを提供する

ワンポイント

ショートシネマやゲームの開発も

 動画や音声といったブロードバンド時代のインターネット広告手法をいち早く取り入れ、インターネットCM制作分野で存在感を増している。同社のビジネスモデルを模倣する後発組も出てきたが、ライバルとなるまでには至っていない。10分や30分もののショートシネマやゲームの開発にも着手したという同社。時代を先取りすることと、他社にはない独自の魅力・強みを常に提供し続ける努力をいとわないことこそが、成功しつづける理由だろう。


掲載日:2007年4月 9日

IT東京都

最近の記事


このページの先頭へ