本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 元気印中小企業

元気印中小企業


人材採用を切り口に経営支援 [レイス]

藤修(ふじ・おさむ)社長

藤 修社長

会社名 レイス(株)
代表者 藤修(ふじ・おさむ)社長
業種 サービス業
所在地 東京都千代田区有楽町1−1−3
電話 03-5511-4500

人材スカウトの第一人者

 レイスは中堅・中小・ベンチャーを対象とした人材採用支援事業を手掛ける設立10年目のベンチャー。「設立時は新卒採用支援の会社だった」(藤修社長)が、00年にスカウト事業を始めたことが転機になる。同社がスカウトするのは「30歳前後で、将来の幹部候補生」(同)。経営幹部が不足しがちな中小やベンチャーへの橋渡しを行う。
 同社のスカウト事業の特色は、他社で活躍する有能な人材を口説き、顧客先へ移籍させる作業をシステマティックに行う点にある。従来のスカウト事業は、個人個人が持つ人脈を頼りに行うため事業規模の拡大に限界があった。そこで、レイスは「スカウトに必要な作業を徹底的に分業」(同)することで受注件数を増やし、売り上げ拡大につなげた。
 レイスの社員は、顧客企業を開拓する営業部門、各社で現在働いている優秀なスカウト対象要員を発掘・調査する部門、スカウトを受けた人材を移籍後までフォローする部門などに分かれる。業務の効率化に加えて、「さまざまな素質を持った社員を、もっとも能力を発揮できる部署へ行かすことができる」と藤社長はもうひとつの狙いを明かす。

事業領域拡大へ

 主な顧客層はベンチャーや中小企業は、即戦力の中途採用支援が依頼案件の多くを占める。しかし、顧客企業が成長するにつれて「新卒採用が必要になってくる」(同)。その時、中途採用から新卒採用までを一手に引き受けられるレイスは強みを発揮する。
 当初は不動産業界など営業の数字が人に反映されやすい業界が主な顧客層だった。今では「あらゆる業種・業界から依頼がある」(同)という。それに伴い、収益の柱も変わってきた。03年9月期のスカウト事業の売上高はわずか7000万円で、全体の1割にも満たなかった。06年9月期には16億8000万円と、同じく約8割にまで上昇。スカウト事業の需要の高さがうかがえる。最近は「大手上場会社からの依頼も増えてきた」(同)。同社自身、自社の幹部をスカウトにより獲得し、業績を伸ばしてきただけに説得力を持つ。
 一方、人材採用で培ったノウハウをもとに、同社は上場支援や企業の合併・買収(M&A)仲介事業と、事業領域を広げつつある。「あらゆる側面から企業活動の支援を行いたい」と藤社長は狙いを明かす。
 「上場も視野に入れつつある」と藤社長。事実、18億5000万円(05年9月期)、21億6000万円(06年9月期)と売上高は順調に推移している。当面、07年9月期の売上高を31億7000万円に引き上げることが目標だ。


あらゆるスタッフの採用に対応するレイスのビジネスモデル

Onepoint

社員と一緒に

 レイスという社名には、「走る」、「進展する」といった意味のほか、「仲間」という意味がある。同社は「社員に成長の場を提供することが社長の役割」(同)と社員を大切にする姿勢を貫く。初めて契約を獲得してきた社員の帰社時にケーキを用意したこともあるといい、社名の由来を裏切らない。
 「レイスに入社して良かったと、一緒に成長を感じられる会社にしたい」と藤社長は意気込む。その姿勢がある限り、レイスの成長はまだまだ続く。


掲載日:2007年4月25日

ベンチャー東京都

最近の記事


このページの先頭へ