ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

ばあちゃん本舗宮崎県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

宮崎県産の食材(豚肉等)を主とした加工食品の企画、販売を実施

「宮崎のうまいものをお届けします」をキャッチフレーズに、宮崎県産の食材(豚肉等)を主とした加工食品の企画、販売(小売・卸)を行っている。

代表取締役
小園 秀和

基本情報

所在地:宮崎県都城市高城町桜木1612 代表取締役:小園 秀和
TEL:0986-53-2003 設立:2007年(平成19年)
FAX:0986-53-2343 資本金:
URL:http://www.bachan-honpo.jp 従業員数:13名

商品として他にない付加価値を創造するモデル作りに成功

「宮崎のうまいものをお届けします」をキャッチフレーズに、宮崎県産の食材(豚肉等)を主とした加工食品の企画、販売(小売・卸)を行っている。販売先は、道の駅、空港売店、駅売店高速道路SA、スーパー、通販会社など。6次産業化を目指す畜産農家等と連携し、通常食材としては市場にあまり流通しない豚肉等の内臓や皮などに着目した商品開発に取り組んでいる。
その成果として、商品としても他にない付加価値を創造するモデル作りに成功した。豚の“タン”の生ハム加工技術は、自社オリジナルとして評価される技術である。

一貫して、地元の食材(特に畜産)を活かした商品開発と販売に力を入れている

一貫して、地元の食材(特に畜産)を活かした商品開発と販売に力を入れており、全国規模の食品コンテスト等に出品し評価を得ている。
最近では開発商品が農林水産省のコンテスト「地場もん国民大賞」の九州代表に選出されるなど、その積極的な取組は、具体的な成果品を通して県内外の高い評価を受けている。畜産王国である地元旧高城町の豚肉「観音池ポーク」を、商品開発の食材として積極的に活用し、豚肉ブランドとしての全国的な認知に大きく貢献している。

地域活性化に貢献

本事業所の取組をもとに、全国商工会連合会の商品開発事業に取り組んでいる。事業に参画した地域事業者が、触発されて独自に商品開発等の事業に積極的に取り組むようになり、それぞれに売上増等の成果を出している。
また、地元食材を積極的に商品開発に取り入れる、農業者との連携した取組は、経営環境の厳しい地元農業の活性化に大きく貢献するものである。従業員の8割が女性スタッフで、地元食材を熟知した人材が同社の取組を担っている。

このページの先頭へ

このページの先頭へ