ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

有限会社高橋木工製作所大分県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

受注ビジネスから高齢者等向けオリジナル製品の製造販売に業態転換

高い木材加工技術を生かし、高齢者、身体障害者向けの様々なタイプの浴槽、浴室にオーダーメイドで対応する入浴補助座具を製造販売している。

代表取締役会長
高橋 悟

基本情報

所在地:大分県大分市大字三佐2267-1 代表取締役会長:高橋 悟
TEL:097-522-3611 設立:1989年(昭和64年)
FAX:097-522-0338 資本金:300万円
URL:http://www.mokkou-ss.com/ 従業員数:5名

受注ビジネスからオリジナル製品の製造販売へ展開

同社は、住宅、店舗等向けの造り付け、取付及び既存品の修繕、塗装まで、家具建具に関する幅広い需要に対応している。
同社は、当初工務店からの受注待ちのビジネスモデルであったが、オリジナルの入浴補助座具を開発し、新たな市場の開拓に取り組んできた。この製品は、高齢者、障害者が毎日の入浴に苦労していることに着目し、同社の強みである木材加工技術を活かし、様々なタイプの浴槽、浴室にオーダーメイドで対応するものである。

高齢者、身体障害者向けのオーダーメイド入浴補助座具を地域ものづくり事業所と連携し、開発

その製品の一つ「らく椅子」は、浴槽、浴室等のハード面、使用者の体型、障害の程度等のソフト面に合わせたオンリーワン製品であること、ぬくもり感がある天然由来の県産木材を使用していること、施主とダイレクトに接する顔の見える関係を構築し、提案→設計→生産→施工→アフターサービスまで一気通貫体制で提供する等の特徴がある。
また、高齢者、障害者が安心して使用できるように市内特許保有者とライセンス契約した構造設計を採用したり、県内製材所が持つ燻製技術を応用した防カビ効果の高い加工を施すなど地域ものづくり事業所との連携も積極的に取り組んでいる。

オリジナル製品の開発により従業員のモチベーションアップ

自らオリジナル製品を開発、販売することで、雇用の確保と従業員のモチベーションアップが図られている。木材の複雑な加工は高い技術力が求められ、同社では、木製オーダー家具、建具を精密に短時間で仕上げる技術力を養うため、従業員全員が、木工加工ではスキルの高い「指物大工」を目指すよう技能士取得を奨励している。

このページの先頭へ

このページの先頭へ