ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

みやこハム株式会社福岡県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

海外で多数の賞を受賞する高品質志向のハムを製造販売、道の駅で直営店を展開

低価格品とは一線を画す高品質のハムの製造販売で高い評価を得る。また、道の駅に直営店を開設し、ブランド向上につながっている。

代表取締役社長
垣内 洋一

基本情報

所在地:福岡県豊前市赤熊1210 代表取締役社長:垣内 洋一
TEL:0979-83-2254 設立:1955年(昭和30年)
FAX:0979-82-1129 資本金:2,000万円
URL:http://www.miyako-ham.co.jp/ 従業員数:63名

無塩せきの高品質ハム・ソーセージの製造販売で高い評価を獲得

ハム等加工食品の製造販売を行う同社では、高品質志向の消費者をターゲットとし、ドイツ式食肉加工製造の権威者から指導を受けたり、生協と無塩せき製品の共同開発を早くから手掛けるなど、低価格商品とは一線を画した高品質の商品を提供し、消費者から高い支持を集め、販路を拡大している。また、世界で最も権威のあるドイツ国際ハムソーセージ品評会で入賞、ドイツ農業協会の国際品質協議会で金賞を受賞するなど、海外からも高い評価を獲得している。

道の駅に直営店を開設し、消費者の声を集め、ブランド構築を担う

同社では、本社工場、ミートセンター、クリーンルーム等の設備近代化を推進すると共に、直営店経営等の事業多角化にも取り組んできた。道の駅等に出店した直営店では、お客様の声を直に聞く場となると共に、アンテナショップ的な位置付けもあり、ブランド構築に一役買っている。近年道の駅がブームとなっているが、道の駅に直営店を開設するなど先駆けた取組を継続して行っている。

地域での一貫した生産体制づくりにも取り組む

同社では、川上から川下まで一貫した生産体制づくりが地域活性化につながることの重要性を強く意識しており、原料調達は地場の企業を中心に行っている。
クリーンルーム完成以降は製造ラインの近代化を進めることで、従業員の雇用環境の改善に努めてきた。また、IT技術も組み込んだ独自の製造技術と最新鋭機器の導入も行ってきた。

このページの先頭へ

このページの先頭へ