ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社スペースRデザイン福岡県

  • 地域経済活性化
  • サービス

2015

経年賃貸ビル経営の再生コンサルティングで、まちの活性化をプロデュース

地方の空家問題を多角的に抽出し、それをコミュニティで解決する再生手法により、築30~55年をものともしない驚異的な入居率や賃料を達成。

代表取締役
吉原 勝己

基本情報

所在地:福岡県福岡市中央区大名2丁目8-18  天神パークビル 代表取締役:吉原 勝己
TEL:092-720-2122 設立:2008年(平成20年)
FAX:092-720-2123 資本金:1,000万円
URL:http://www.space-r.net/ 従業員数:7名

不動産経営再生業務を一体的に実施。老朽物件の問題を多角的に抽出し、コミュニティの創出で解決

福岡県都市部を中心にビル経営再生のユニークな企画で、設計・デザイン、工事監理、プロモーション、不動産仲介、不動産管理を一体的に実施。また、不動産ストック活用の啓発活動による市場の創出も行っている。具体的には、ビル再生事業の各分野に、必要不可欠な社内専門メンバー(プロパティ/リーシング/デザイン/コンストラクション等、各マネージャー)を配置。老朽物件の問題を多角的に抽出し、コミュニティを重視した企画で解決することで、築30~55年程度の物件としては驚異的な入居率及びオリジナルの仲介率を達成している。

古いものの良さと新しいデザインを掛け合わせたブランド価値を生み出す

福岡でいち早く「ビンテージビル」の概念を提唱し、「ビンテージビル カレッジ」等のイベントを通じ、文化発信によるファン、顧客作りを行うことで経年賃貸ビルに新たなブランド価値を生み出すことに成功している。その結果、冷泉荘プロジェクトなど、福岡都市部の古き良き景観の維持を可能にしている。
また、ビル再生にあたり、さまざまな業界で活躍するクリエイターとのコラボレーションにより、古いものの良さに人のつながりを付加することでも、ブランド価値を生み出している。

地域の不動産事業者や住民を巻き込んだ不動産ストック活用文化の地域への定着を促進

地域の不動産事業者や住民を巻き込み、壊す時代からストック活用文化の地域への定着を促進し、まちづくりへの寄与度も高い。また、長野県長野市、福岡県大牟田市でビンテージビル創出事業を展開し、他地域にも新たなビジネス、雇用を生み出している。女性や主婦デザイナーを積極的に活用するための女性リノベーションチームを組成し、女性ならではの視点で顧客満足度を高める施策に取り組んでいる。このため女性雇用も増加している。

このページの先頭へ

このページの先頭へ