ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

有限会社瑞穂広島県

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

高い品質力で国内向けOEM生産から、オリジナル製品の直販、海外向けOEM生産を展開

高い品質向けOEM生産を展開している。新興国での需要拡大によりさらなる事業拡大が見込まれる。

代表取締役
尺田 泰吏

基本情報

所在地:広島県安芸郡熊野町萩原2-7-35 代表取締役:尺田 泰吏
TEL:082-854-0432 設立:1980年(昭和55年)
FAX:082-854-9182 資本金:1,000万円
URL:http://www.mizuho-brush.com 従業員数:39名

国内企業向けOEM生産を起点に、オリジナル製品の直販、海外企業向けOEM生産に展開

同社は「筆の里」として知られる広島県熊野町の筆メーカー。他の追随を許さぬ品質で有名化粧品メーカーへのOEM生産を行うとともに、最近はネイルデザイン用筆、歯科技工用筆等用の製品を開発し、国内外顧客向けに直販している。
国内外の販路開拓を計画的に推進してきており、6年前は国内向けOEM事業の売上げが9割を占めていたが、直近では自社ブランド直販事業が約2割まで成長している。

今後、新興国で高級化粧筆の需要拡大が見込まれており、海外企業向けOEM事業を拡大

また、欧米のみならず東南アジアやBRICS等の新興国においても高級化粧筆の需要拡大が見込まれており、同社では2011年にロシア大手化粧品メーカーとのOEM供給を実現するなど、ロシアや香港、欧州等の海外向けOEM事業と自社ブランド直販事業が約2割を占めるまでになった。
熊野筆は、伝統的な日本の歴史、丁寧なものづくりを体現する「クールジャパン」商品として海外でも人気が高く、海外市場への適合性が高い。今後、サプライチェーンの変容やEPAの推進により、ますます海外との取引機会の拡大が見込まれている。

IT経営力大賞を受賞

同社では、経営分析、生産管理に積極的にITを活用している。経営の効率化とリードタイム短縮への貢献が評価され、中小企業IT経営力大賞2014「全国商工会連合会会長賞」を受賞した。
また、元来、熊野の筆づくりは伝統的に女性が担い、同社従業員も約8割が女性であり、新商品開発とブランド開発のチームリーダーは女性が担っている。

このページの先頭へ

このページの先頭へ