ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

池田精工株式会社岡山県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

高度なステンレスの精密加工技術で自社製品の開発に取り組む地域の中核的企業

ステンレスを中心にした難加工材の精密加工による飲料、医薬品等充填機械部品を製造。最近では、衝撃高液圧による精密成形技術を開発。

代表取締役
池田 晃

基本情報

所在地:岡山県苫田郡鏡野町小座1833番地 代表取締役:池田 晃
TEL:0868-54-0176 設立:1979年(昭和54年)
FAX:0868-54-1053 資本金:2,000万円
URL:http://www.ikeda-is.com/ 従業員数:60名

複雑な溶接を含む構造物の加工に強み、新しい精密成形技術を開発し、製品化にも成功

同社は、ステンレスを中心に難加工材料の精密部品加工を得意としている。特に、複雑な溶接を含む構造物の加工に強みを持っている。これらの特長を活かし、液体の充填機や粉体の包装機の心臓部の最重要部品であるノズル加工を得意としている。また、同社が立地する津山地域のステンレスクラスターの中心メンバーでもあり、同業者が生産に困ると相談に訪ねるほどの頼られる存在になっている。
地元の岡山大学と連携して衝撃高液圧による難加工材の精密成形技術を開発した。その応用として、純チタン板を用いた高精度の義歯床を製造することに成功、今後の需要が見込まれる。

他社で代替できない技術を武器に、価格競争から距離をとる戦略

同社は、ステンレスの切削加工、材料調達、機械加工、溶接、仕上げ、組み立てまでの作業工程を一貫して社内でできる。また、製品の品質及び精度が高いことから、取引先の信頼が高い。これらの強みから、「どのような物でも作って貰えるステンレス精密部品加工会社」として、食品、医薬品関連の装置業界、包装機械部品、化学繊維製造装置業界などに広く知られ、安定した受注量を確保できている。他社で代替できない技術を有することから、値下げ圧力や価格競争から距離をとる戦略が実現できている。

クラスターの中心的存在、地元雇用の促進や地元企業との連携により地域活性化に貢献

津山ステンレスクラスターのリーダー的存在として「日本のステンレス加工基地」に向けて、その活動に貢献している。また、ステンレス加工技術の技術者育成に協力するとともに、地域雇用の確保に努めている。さらに、自社で対応できない加工は、津山ステンレスクラスター企業間で協力して仕事を譲り合い、地域内で需要に応じている。

このページの先頭へ

このページの先頭へ