ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

企業組合旭さくら会岡山県

  • 地域経済活性化
  • サービス

2015

住民参画の組織が公園の維持管理を担うことで集客効果、さらに雇用創出の効果

住民が参画する組織が公園の維持管理を行うことでよりきめ細かな整備と効率的運営を実現し、集客増、地域での雇用創出の効果をあげる。

代表理事
西本 和馬

基本情報

所在地:岡山県久米郡美咲町西川828番地 代表理事:西本 和馬
TEL:0867-27-2124 設立:2011年(平成23年)
FAX:0867-27-3631 資本金:30万円
URL: 従業員数:30名

公園の管理を住民参画による組織が担う

岡山県北の桜の名所として知られる三休公園を維持管理するために、地域住民の参画により設立した公園の管理会社である。従来、下草刈りや剪定、消毒、園内管理道路整備等を町が外注事業者に委託していたが、住民が参加する企業組合を設立し、公園の管理・運営をすることで、「自分たちの公園は自分たちで守り発展させる」という意識が高まり、よりきめ細かな整備と宿泊施設等の効率的な管理運営が出来るようになった。その結果、公園を訪れる観光客数、宿泊客数も2011年以降増加傾向にある。

住民組織が管理運営を担うことで様々な工夫をこらす

三休公園は、4月の桜、5月のツツジ・サツキの季節までが来園客全体の80%を占め、それ以外の季節の集客が課題となっていたが、藤棚、椿、サザンカの植樹により、一年中楽しめる公園となった。また、園内の宿泊施設・民話館で写真展、各種体験教室の企画開催、イベント事業や公園内休憩施設での特産品等の販売による集客効果も表れている。さらに、他観光施設や道の駅と連携し、観光客を周遊させるための仕掛けとして、それぞれの施設を繋ぐ周遊ルートの確立の取組も行っている。

行政の施設管理を住民組織が担うことで雇用創出にも繋がる

企業組合は、利益追求のみではなく生きがいや志に共感した事業者、勤労者、主婦、学生などの個人が集まり、働く場を創造するために一つの企業体を設立したもので、組合員は出資と労働を行うため実質的な労働者として新たな雇用の創出に繋がっている。行政による観光施設、文化施設等の箱モノの維持管理が厳しくなっている中で、地区外の業者に任せるのではなく、住民が管理運営組織を作って運営することによって事業の継続性と波及効果を生み出す。

このページの先頭へ

このページの先頭へ