ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社オーサン島根県

  • 地域経済活性化
  • サービス

2015

地域経済の活性化に向け遊休農地にエゴマを栽培しブランド化に貢献

遊休農地を活用しエゴマを栽培、エゴマを使った特産品開発や販路開拓を行い地域経済活性化に大きく貢献している。また、産官学連携による機能性食品の開発販売など先進的な取組でエゴマブランド確立に向けて鋭意活動している。

代表取締役会長
島田義仁

基本情報

所在地:島根県邑智郡川本町南佐木282-1 代表取締役会長:島田義仁
TEL:0855-74-2210 設立:1988年(昭和63年)
FAX:0855-72-2202 資本金:2,000万円
URL:http://www.o-san.co.jp/ 従業員数:34名

建設業から耕作放棄地解消を目的に農業に参入エゴマの商品開発に成功

邑三建設株式会社を設立、法面処理工事では県下トップクラスの特殊土木技術で業績を伸ばすが、公共事業が減少する中、農業参入、町内の耕作放棄地解消を目的に「エゴマ」の栽培に乗り出した。
島根県産業技術センターなどの支援で、機能性食品に関するアドバイスを受け、「飲むえごまヨーグルト」などエゴマの葉の商品開発に成功した。自社のエゴマ圃場や地元農家への委託栽培、公設試験研究機関、先進的な乾燥技術を有する二次加工業者との連携など、先進的な商品開発の連携体制の確立がなされている。

川本町をエゴマの一大産地化するプロジェクトの牽引役として地域農業振興に活躍

町の支援をきっかけにエゴマの栽培を開始。完全無農薬にこだわり、栽培から製品化まで自社で一貫し、美味しく安全なエゴマ商品を川本町から全国に販売展開されている。近年、原材料のエゴマが不足気味で、地元農家にも働きかけ委託契約を交わし地元川本町をエゴマの一大産地化とするプロジェクトの牽引役となり地域ブランド化を進めている。

農家への技術指導による地域への還元や給食へのエゴマ使用など地産地消による食生活改善に貢献

6次産業化事業で農業アドバイザーの支援を受けて、委託栽培農家へ栽培技術の向上指導やエゴマ葉の採取、選別及び洗浄方法の指導を行っている。子供たちの給食にもエゴマメニューがあり地産地消による食生活改善にも貢献している。

このページの先頭へ

このページの先頭へ