ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

北陽冷蔵株式会社鳥取県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

「グラタンコロッケ(カニ入り)」など地場の特産品を製造し、地域経済の発展に貢献

Sea級グルメ全国大会で準優勝を獲得した同社商品を全国に発信していくことで、境港産の海産物の更なる知名度向上が期待される。

代表取締役社長
竹中 弘治

基本情報

所在地:鳥取県境港市昭和町12番地24 代表取締役社長:竹中 弘治
TEL:0859-44-2011 設立:1967年(昭和42年)
FAX:0859-42-3166 資本金:2,000万円
URL:http://www.hokuyoreizo.co.jp/ 従業員数:98名

1日に約2万匹のベニズワイガニを加工し「冷凍食品」及び「むき身」として出荷

1日に約2万匹のベニズワイガニを加工し「冷凍食品」及び「むき身」として出荷している。中でも地元産ベニズワイガニと地元産牛乳を使った「グラタンコロッケ(カニ入り)」はHACCP認定工場のもと安全で安心な商品づくりに取り組み、また鳥取県と「カーボンオフセット」パートナー協定を締結し、二酸化炭素を削減して環境に配慮した社会の実現に貢献している。

ベニズワイガニの鮮度維持とオリジナル商品のPR

立地特性を最大限に活かした生産・供給体制:ベニズワイガニは、水分が抜けやすいため保存が難しいという弱点があるが、同社は原産地に工場を有しているため、仕入後時間を置かずに加工することができ、高い鮮度を保つことが可能。また、地元境港において良質なベニズワイガニを安定的に確保できる仕入ルートを確保している。
競争力の高いオリジナル商品:主力商品の「グラタンコロッケ(カニ入り)」は、カニの風味をリーズナブルな価格で楽しめることで、消費者からの人気が高い。同商品は、上記立地特性を活かせる同社のみが生産可能な、唯一無二の商品である。

農業者・水産加工業者をはじめとした周辺の中小企業者の発展、並びに地域活性化への貢献

同社商品は材料の殆どが地元産である(境港で水揚げされたカニ、大山鳥、大山産の牛乳等)。同社の事業拡大は農業者・水産加工業者をはじめとした周辺の中小企業者の発展、並びに地域活性化に繋がっている。また、Sea級グルメ全国大会で準優勝を獲得した同社商品を全国に発信していくことで、境港産の海産物の更なる知名度向上が期待される。また、従業員の約7割が女性で、シングルマザーを積極採用するなど、女性の活躍機会の提供と地域雇用の創出に貢献している。

このページの先頭へ

このページの先頭へ