ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社ヘイセイ鳥取県

  • 地域経済活性化
  • サービス

2015

「あご入り鰹ふりだし」で地元知名度の向上と雇用促進に貢献

地域の特色を生かし消費者ニーズにマッチした「あご入り鰹ふりだし」を開発・販売し、鳥取県を代表する特産品としての地位を築いた。経営基盤強化が図られ、鳥取県琴浦町の知名度向上・雇用の拡大等にも大きく貢献。

代表取締役
種子 晋司

基本情報

所在地:鳥取県東伯郡琴浦町徳万731 代表取締役:種子 晋司
TEL:0858-53-0771 設立:1961年(昭和37年)
FAX:0858-52-2200 資本金:3,000万円
URL:http://www.agodashi.com/ 従業員数:30名

地元で獲れたあご(飛魚)を使用した商品を開発し食品事業に参入

創業は丸吉組として建設業、その後組織変更を経て、株式会社ヘイセイとなり、食品事業に参入し、「あご入り鰹ふりだし」を開発、販売を開始した。
「あご入り鰹ふりだし」は、地元赤碕港で獲れたあご(飛魚)を使用し、さらに鰹節・昆布・鯖節・椎茸をブレンドした逸品である。発売開始以来、順調に売上を伸ばし、現在は県内のスーパー・道の駅等で販売され地元で愛される商品となっており、鳥取県を代表する特産品となっている。他に「野菜ブイヨン」や「スタミナ納豆ふりかけ」等、地域色豊かな商品を製造販売している。

地域の特色を生かした事業への転換を図りブランドの確立と雇用確保で地域に貢献

本業である建設業で公共工事が減る中「雇用を守り、地域貢献をしたい」との目的で食品事業に参入した。新分野進出にあたり、「地域の特色を生かした事業を!」ということを第一に考え、鳥取県産業技術センターの支援を受けながら研究を重ね「あご入り鰹ふりだし」を開発し、様々な料理に活用できる「だし」として商品化した。積極的な販促活動により全国にアピールし「あご」が琴浦町のブランドとして確立され、鳥取県と琴浦町の知名度の向上および地元雇用の拡大等、多面的に地域活性化に寄与している。女性目線での商品企画が奏功しており、女性が生き生きと活躍している。

地域活性化の先駆者として行政・商工会・町内企業と連携し活動実施

琴浦町の特産品をアピールするための冊子の作成、パブリシティの活用等、行政・商工会と連携しながら地域の活性化のための活動を行っている。また、BCPの策定やフードディフェンスの整備に早期段階で取り組む等、他の企業の模範となっている。

このページの先頭へ

このページの先頭へ