ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

有限会社深見梅店和歌山県

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

オーガニック梅干で高付加価値化を図り、梅干の海外市場の開拓に先鞭

各社が梅干の海外展開で苦戦している中で、環境負荷の低いオーガニック梅干で評価を獲得し、市場拡大している。

代表取締役
深見 晴彦

基本情報

所在地:和歌山県西牟婁郡上富田町岩田2483-1 代表取締役:深見 晴彦
TEL:0739-47-2043 設立:1940年(昭和15年)
FAX:0739-47-2201 資本金:300万円
URL:http://www.fukami.co.jp/ 従業員数:6名

梅干の海外輸出を先駆的に行い、海外で高い評価を得る

同社は、梅の産地である和歌山県において、1940年に設立した梅干製造業者。これまでフランス、香港、台湾、アメリカ、ロシア等へ先駆的に輸出を行ってきた。「海外では梅干しは酸っぱくて食べることができないので、輸出に向かない」との固定観念に挑戦し、海外販路を想定した「フルーツ梅干し」を開発し、モンドセレクションで8年連続受賞している。パリにあるミシュラン認定レストランにて食材としても使われており、海外からの注目が高まりつつある。

オーガニックの梅干開発で高付加価値化、海外市場展開を図る

梅干の国内市場が成熟し成長が見込めない中で、多くの企業が海外輸出を手がけたが、成功にはいたらなかった。その中で、同社は海外で重視されるオーガニックを意識した商品開発により高付加価値化を図り、海外市場開拓の先鞭をつけてきた。
梅干し業界全体では苦戦している海外市場ではあるが、同社が海外市場を開拓することにより、業界全体の海外市場開拓に繋がると考える。

自然の恵みを生かした有機農法

同社は「人にも、環境にもやさしい梅で食卓に安心と笑顔を届ける」をモット-としている。オーガニック梅干しは、農薬も肥料も使わない自然の恵みを生かして自家で栽培・生産しており、自然環境の維持に貢献している。3年以上にわたり、農薬や化学肥料を使わずに栽培し、JAS法の基準を守っており、同社の梅干しは有機JAS認証取得のオーガニックである。

このページの先頭へ

このページの先頭へ