ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

ナギサビール株式会社和歌山県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

地ビールの製造販売とレストラン等経営、地域イメージの確立と観光振興に貢献

地域資源である良質な水を生かし地ビールを製造販売。レストラン運営や、工場見学のできる工場開設の予定もあり、地域活性化に貢献。

代表取締役
眞鍋 和矢

基本情報

所在地:和歌山県西牟婁郡白浜町1197-18 代表取締役:眞鍋 和矢
TEL:0739-43-7386 設立:1996年(平成8年)
FAX:0739-42-3635 資本金:3,000万円
URL:http://www.nagisa.co.jp 従業員数:12名

良質な水を使った地ビールメーカーとして人気

同社は和歌山県内唯一の地ビールメーカー。かつての地ビールブームが過ぎ、他社が醸造をやめる中で、同社は着実に事業の拡大を図り、地ビールメーカーとして地域ブランドを確立した。
地ビールは、「モンドセレクションの審査用使用水・準備用使用水」にも使われている「南紀白浜富田の水」を使用し、リゾートイメージを前面に打ち出しており、関東、京阪神及び県内の小売店、飲食店・宿泊施設等に卸している。

ビアレストラン、工場見学ができる新工場を開設予定

地ビールの製造卸の他に、出来たて地ビールを提供する直営ビアレストランを運営している。このビアレストランは観光客が多く立ち寄る名勝千畳敷と三段壁を結ぶ道路沿いにあり、「食」のスポットとして人気を獲得している。
さらに、この取組を生かして町立公園の指定管理者に内定しており、公園内に工場見学ができる新工場を開設し(2015年度にオープン予定)、観光客誘致に取り組む。

地域振興、地域の産業活性化への貢献

「白浜」という海のリゾートイメージ、仕込み水に「南紀白浜富田の水」を使用している高い品質、環境保護へのメッセージのブランドイメージの相乗効果により、地域イメージの向上、地域ブランドの創出に貢献している。
また、工場見学ができる新施設では、地域産物の販売も予定しており、さらに多くの中小企業・小規模事業者を事業に巻き込み、地域経済活性化に貢献する計画である。

このページの先頭へ

このページの先頭へ