ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

兵庫シューズ株式会社兵庫県

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

コストダウンと品質保持による販路拡大で成長路線経営

競争の厳しいシューズ業界で、ベトナム生産法人活用によるコストダウン及び日本製の品質保持によって増収基調を維持し、東南アジアでの販路開拓等によって、一段の成長が期待できる。

代表取締役
岡本 浩行

基本情報

所在地:兵庫県赤穂郡上郡町大枝405 代表取締役:岡本 浩行
TEL:0791-52-1128 設立:1979年(昭和54年)
FAX:0791-52-0349 資本金:4,000万円
URL:http://www5e.biglobe.ne.jp/~hyogo/shoes/ 従業員数:40名

有名スポーツブランド向けOEMシューズの製造

有名スポーツブランド向けOEMのスポーツシューズを製造している。選手用オーダーメイド品から店舗用大量生産品まで幅広く扱い、パターン~裁断~縫製・加工~組立~仕上げを一貫生産でき、ベトナムでは半製品加工を行っている。
ベトナム工場での半加工と国内工場での組立・仕上げを組み合わせ、メイド・イン・ジャパンの品質を保ち、価格面でも国際競争力のあるスポーツシューズの生産が可能となっている。製造技術・製品の品質、信頼性、性能、機能において高い国際競争力を有しており有名スポーツ選手からのオーダーも多い。

中小ロット製品の国際分業方式により低価格・品質維持で国際競争力向上

靴のパーツのうち、人工皮革やラバー系靴底はベトナムでの現地調達が可能で、加工賃単価も安く、ベトナムでの半加工と組み合わせ、最終的な国内生産においても収益確保が可能である。この様な中小ロット製品の国際分業は同業他社にはない生産方式であり、同社工場が国内で存続できている理由である。
今後は、東南アジアでの販路を開拓するため、ベトナムを拠点として、国内外の多くのブランドメーカーとの連携を拡大していくとともに、ベトナム工場での技術向上と海外向け製品の開発を強化する予定である。

国内外の調達ルート活用による生き残りと技術の伝承を推進

中小靴製造業界において、同社は数少ない生き残り組である。空洞化によって靴のパーツも国内では十分に集められないという環境下、国内外の調達ルートを生かして大手ブランドのOEMを担える貴重な日本企業として重宝されており、当社製品に対する顧客満足度は高い。また、高級婦人靴の企画・製作も手掛けて、靴作りの技術伝承にも取り組んでいる。
女性従業員も多く、時短など女性が働きやすいような職場環境づくりに注力している。

このページの先頭へ

このページの先頭へ