ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

三島金型株式会社大阪府

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

新規取組により販売実績増と雇用拡大で地域に貢献

新たな取組に積極的であり、同社の販売実績を伸ばすと共に、従業員数も増加させており地域活性化に寄与している。

代表取締役
佐竹 禎行

基本情報

所在地:大阪府摂津市別府1-14-17 代表取締役:佐竹 禎行
TEL:06-6349-8904 設立:1963年(昭和38年)
FAX:06-6349-8400 資本金:1,000万円
URL:http://www.mishimakanagata.co.jp 従業員数:25名

プラスチックの金型製作・成形加工技術を軸に他分野の製品開発を推進

大手電池メーカーの国産リチウム電池の絶縁ガスケット製作を通じて、品質・コスト競争力強化に長年寄与している。プラスチックの金型製作・成形加工技術を活かし、リチウムイオン電池用絶縁ガスケットのさらなる高品質・低コスト化に取り組んでいる。技術的に不可能と言われていた一体型成形方法の確立に成功している。他方、初の自社製品として方向性と飛距離を追求した前傾姿勢ティーを開発。日本初の国産ドラコン専用ティーとして採用が決まっている。

自社でシミュレーション、金型製作し、プラスチック成形までを一貫して実施

一般的にプラスチック成形は、顧客の図面通りに設計し、金型を作成した後に必要な不具合の手直しを行う。同社は図面から、流動・変形解析を行い、あらかじめ不具合をシミュレーションし、顧客に当初の設計の見直し・改善を提案が可能である。そのことで、致命的な成形不具合・金型改造を回避でき、量産までの時間の短縮、顧客の短納期要求に応えることが可能である。
中小企業が、自社でシミュレーションを行い、金型を製作し、プラスチック成形までを行える企業は少なく、同社はその中の1社である。

地域への貢献、顧客満足度など多くの評価すべき点を持つ

同社は、摂津市別府地域の用水路の清掃費用や盆踊りに寄付を行うと共に、摂津市身体障害者福祉協会の運営協力を継続しており、感謝状を受けている。また、図面からあらかじめ不具合をシミュレーションし、成形不具合・金型改造を回避出来る事により、製品に対する顧客満足度が高い。
女性社員の雇用及び賃金アップに積極的に取り込んでおり、今年度も1名女性パートを社員化予定である。また、パート社員の産休や育休制度、再雇用制度、退職金制度まで設け、女性の高い意欲で集中して働ける環境を築いている。

このページの先頭へ

このページの先頭へ