ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

大和化学工業株式会社大阪府

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

オンリーワンの排水廃液処理技術が国内外で採用、環境保全に貢献

同社が保有するVOC処理技術を活用したVOC処理事業及びVOCオンラインモニタリング事業を着実に展開。環境分野のアジア展開を目指す中小企業の先駆け。

代表取締役社長
土井 潤一

基本情報

所在地:大阪府大阪市大正区南恩加島5丁目8番6号 代表取締役社長:土井 潤一
TEL:06-6553-5673 設立:1982年(昭和57年)
FAX:06-6552-5618 資本金:2,760万円
URL:http://www.daiwakagaku.com/ 従業員数:25名

独自の技術で高度な排水・廃液処理装置を開発

同社は、産業洗浄用洗浄装置、溶剤回収装置等の製造・販売を行う企業である。同社の主力製品である減圧脱水乾燥装置「減」は、濃厚廃液や高含水汚泥を、減圧状態で一括処理し、産業廃棄物の排出量低減や、排水の再利用を実現したオンリーワン技術である。国内で400台以上の納入実績があるほか、近年は、中国・タイなどでも導入され、排水の減容化と重金属や塩分など資源の回収に繋がる(コストダウンに繋がる)ことから現地企業の好評を得ている。また、中国やタイ等に現地法人(合弁会社)を設立し顧客へのきめ細やかなサービス提供にも努めている。

現地企業・現地政府との協力関係を構築し、着実に市場に参入

海外展開にあたっては、現地企業との連携だけではなく、現地政府との協力関係を構築し、技術やシステム等の承認を得て着実に展開を図っている。特に、VOC(揮発性有機化合物)処理技術を活用したVOC処理事業やVOCオンラインモニタリング事業では、中国広東省に進出し、国家環境特区のモデル事業として中国環境保護部に認定されるなど、現地企業と連携し、同システムの販売及び中国全土への拡大に取り組み、単なる販路開拓にとどまらない確かな市場参入により成功をおさめている。

事業拡大に伴う国内雇用の増加が期待

今後、グローバル販売ネットワークの強化による市場の拡大と共に、日本国内において商品の技術開発及びグローバル的な品質保証を重点的に取り組み、各海外拠点の生産資源を統一管理できる体制を作り、一層日本本社の管理機能を果たしていく。その為、優秀な営業・技術人材の獲得が急務となることから、国内雇用の増加などプラスの波及効果も期待できる。

このページの先頭へ

このページの先頭へ