ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

サンジルシ醸造株式会社三重県

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

伝統的な溜まり醤油の積極的な海外販売増強により、経済活性化に貢献

伝統的な溜まり醤油の海外販売を積極的に推進し更に現地ニーズを満たす製品で一層の販売拡大を実現することで、経済活動活性化に貢献している。

代表取締役社長
佐藤 強

基本情報

所在地:三重県桑名市明正通1-572-1 代表取締役社長:佐藤 強
TEL:0594-22-3333 設立:1804年(文化元年)
FAX:0594-22-2992 資本金:29,000万円
URL:http://www.san-j.co.jp/ 従業員数:111名

溜まり醤油の伝統と味を、積極的に海外に展開中

赤だし味噌(豆味噌)、溜まり醤油、濃口醤油、即席みそ汁、つゆ・たれ類製品を製造・販売している。1978年、バージニア州リッチモンド市に販売会社を設立し、桑名で製造した溜まり醤油の輸入販売事業を開始した。1987年には同市に工場を建設し、現地生産を開始した。1991年より有機大豆を使用した有機溜まり醤油の製造を開始し、米国全土及び欧州に市場を拡大、東洋風料理のみならず、西洋料理へも溜まり醤油の味を訴求してきた。

海外現地工場立ち上げと、現地ニーズ先取り製品によるビジネスモデルを展開

主力製品である溜まり醤油、濃口醤油は食糧庁長官賞(1988年)、農林大臣賞(1989年)を始め多数の受賞実績がある。
1978年に米国に販売拠点を設立し、1987年には生産拠点建設。一般的に溜まり醤油の場合、日本では少量の小麦を使用するが、米国では現地のニーズに合わせ小麦不使用での生産を実現し、グルテンフリー(GF)化を可能とした。加えて、有機・減塩・遺伝子組換原料不使用等にて健康機能を訴求、更に、GF食品へのニーズ増大にともない、照り焼きソースやドレッシング等GF商品を開発・販売し、競争力を増強した。

事業拡大に伴う雇用増加等の経済活性化に貢献

醤油そのものの海外市場での適合性は、米国を含む海外での和食普及に伴う醤油の普及の広がりからも伺うことができる。また、同社は特定のニーズを意識した製品の開発にも努め、米国、ヨーロッパを拠点に海外生産品を日本に逆輸入も行う等、企業としても海外市場進出に際しての適合性を強化していると言える。
そしてこれら海外事業の業績拡大は国内雇用の増加等の波及効果があり、地域経済活動活性化に大いに貢献している。なお、海外で得たグルテン・フリー食品のノウハウは今後国内にも還元できるもので、一層事業拡大が期待できる。

このページの先頭へ

このページの先頭へ