ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社半谷製作所愛知県

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

充実した教育プログラムで、高い技術力や品質・生産保証を実現、海外でも展開

国内大手自動車メーカーに難成形加工の部品を提供。半谷道場といわれる独自の教育プログラムで社員の技術養成等に重点的に取り組んでいる。

代表取締役社長
半谷 眞一郎

基本情報

所在地:愛知県大府市北崎町大島13-3 代表取締役社長:半谷 眞一郎
TEL:0562-46-5121 設立:1949年(昭和24年)
FAX:0562-48-3827 資本金:4,500万円
URL:http://www.hanya-net.co.jp 従業員数:171名

大手自動車メーカーに難成形加工の自動車部品を提供

同社は、国内自動車メーカーの自動車部品、冷熱部品を製造販売している。厚板等難成形のウルトラハイテン材、アルミ材、鋼板厚板の部品加工を得意とし、業界最先端の加工技術研鑚とともにIT化も推進している。また、開発段階から参画し、プレス・溶接・組立・塗装を社内一貫生産体制で組んでいるが、この開発段階からの参画では、耐久試験、金型や溶接ラインの製作等を行うことで、品質・生産の保証ができている。

充実した教育システム

同社は「人材は人財」をモットーとして、半谷道場(社内で国家資格取得をサポートするプログラム)をはじめ、階層別教育、工場長養成塾、改善活動、語学教育等等の教育システムを実施し、社員教育に重点を置いている。また、技術水準の維持・発展のためにTPM活動を7年に亘り取り組み、2011年にはTPM優秀賞カテゴリーBを受賞した。一方で、取引先(完成車メーカー)に社員を派遣し、教育訓練と共に関連性、深度を更に深め、共同開発・改善活動に繋ぐことができるように励んでいる。

海外でも日本で培った技術力、人材育成力を生かす

2011年には、中国北部地区に進出していたボディー部品メーカーとの合弁で湖南省長沙市に進出した。同社の技術力は現地でも高く評価されており、半谷道場卒業の師範を配置し、要請に応じ、日本から技術応援者を派遣している。品質評価は定着し、現地でも無くてはならない存在となっており、日本で培った技術力、一貫した教育を通じた社員個人力の高さは、現地スタッフ指導に活かされている。更に、完成車メーカーに貢献したい思いから、インドネシアに現地企業と合弁で会社を設立し、事業展開を計画中である。

このページの先頭へ

このページの先頭へ