ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社昭和電機製作所愛知県

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

競争力の高い優れた制御システムの開発・製造でグローバル競争に打ち勝つ

高い競争力をもつ鋼板切断機用の制御システムを開発・製造。研究・製造拠点を残しながら、海外市場への販売に積極的に取り組む。

代表取締役
山本 邦弘

基本情報

所在地:愛知県春日井市西屋町字中新田84番地 代表取締役:山本 邦弘
TEL:0568-31-3866 設立:1950年(昭和25年)
FAX:0568-34-2040 資本金:5,000万円
URL:http://www.showa-e.co.jp/ 従業員数:97名

高速・高精度の鋼板切断機(ロータリーシャー)用の制御システムは他に類を見ない競争力の高い製品

同社は、産業用機械の電気制御システム、タイヤ試験機械の製造・販売を行う会社である。同社の主力製品である鋼板切断機(ロータリーシャー)用の制御システムは、日本国内で高いシェアと販売実績を有しており、高速・高精度という点で他社製品に比べて優れている。アジア地域では、この技術を有しているメーカーは存在していないことから、高い競争力を有している。

エンジニアによる一貫した顧客サポート、国際格付けも最高ランクAAAを獲得

産業機械の業界では、一般的に営業担当と技術担当が分かれているのが、同社の営業担当は、部長以下全員が経験を積んだエンジニアであり、顧客に対して設計を含む提案営業、試運転からアフターサービスまで一貫して行うことができる。エンジニアが海外販売先を回ることで、他社にないスピードを生み出している。
また、海外市場への販売、調達を行うにあたり、国際的に知名度のある格付会社の審査を毎年受けている。最高の格付AAAを取得することにより、自社における財務の健全性をアピールでき、部品調達等の際に役立っている。

設計、製造、最終組立を国内で行うことで、我が国産業の収益力と日本の製造業を守ることに貢献

同社は、制御盤のコアとなるソフトウェア設計、インバーター製造、最終組立を日本で行いつつ、汎用性のある部品は海外企業から調達するなどして、グローバルな競争下で、我が国産業の収益力を維持し、日本の製造業を守ることに貢献している。
終身雇用制により創業初期からの熟練技術者がまだ勤務しており、新入職員の教育を行うことで、技術が脈々と受け継がれている。
地元である春日井市のイベントにおいて、自社製品を使ったロボットを展示するなどして、子供に技術の面白さを伝えている。

このページの先頭へ

このページの先頭へ