ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社Japan Food Expert愛知県

  • 地域経済活性化
  • サービス

2015

一貫した食に関するビジネスの展開、企業連携による業務拡大と地域への貢献

食に関する総合プロデュース業。独自の研究によるメソッドを活かし、講演や料理教室、商品企画開発、番組出演や執筆、イベント展開、店舗運営を通して、地域特産品の価値向上、関連企業連携強化を図り、地域の健康に貢献。

代表取締役
長田 絢

基本情報

所在地:愛知県名古屋市千種区井上町133-1 代表取締役:長田 絢
TEL:052-734-4178 設立:2009年(平成21年)
FAX:052-753-5946 資本金:100万円
URL:http://jfe-aya.jp/ 従業員数:5名

食材の発掘から卸売と小売、商品やメニュー展開への企画から製造販売など食品流通の一環サービス

自分自身の経験から食と健康について学び、「食べることは生きること、食を通じて健康と幸せを」という企業理念のもと、名古屋市を拠点に創業した。素材を発掘して生産者と飲食店を繋ぐ業務用食材卸事業から始まり、明確なコンセプトの加工食品の企画開発や栄養学的根拠のあるレシピ制作、さらに自社店舗の運営も手掛けることで販路開拓の一環となり、相乗効果が得られている。そして、講演や料理教室、イベント企画やメディア出演を通して、食の大切さを広めている。生産者、行政、教育機関、民間企業と強力な連携体制を組み、独自の発想とアイデアで食に関する一環サービスを実施している。

食ビジネスに関する通の企業連携で相乗効果を目指すビジネスの展開

同社は、「食」ビジネスでは、(1)素材を売ること(2)素材を使った商品を売ること(3)素材を使った商品をパフォーマンスにして売ること、この3段階での可能性があると考えている。
地域資源である特産品を活用した事業となれば、多くの事業者の面的な連携による相乗効果が期待でき、消費者を巻き込んだ地域経済活性に繋がるものと考えて事業を展開している。

地域特産品の価値創造を通した販売強化による地域貢献

同社は、東海地域の特色のある特産品が地域内に埋もれている状況に鑑み、愛知県の三河山間地域の活性化のための特産品企画開発、レシピ開発・商品企画開発ノウハウを生産者へ伝える講習会、販売イベント等を行い、地域の再興に尽力した。そのほか、地域の活性化や食環境の向上を目指す事業により、社会貢献につながる企業を目指し事業を展開している。それらの事業には、代表取締役自身が女性ならではの視点や発想が大いに寄与している。

このページの先頭へ

このページの先頭へ