ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

興和精密工業株式会社愛知県

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

高い技術力で精密機能部品の海外展開を拡大し、地域の工業発展を牽引

自動車等向け精密機能部品の高度な製造技術を有し積極的に海外展開を推進中であり、その実績をもとに地域の工業発展も強力に牽引している。

代表取締役社長
森田 晃弘

基本情報

所在地:愛知県豊明市栄町西大根30-183 代表取締役社長:森田 晃弘
TEL:0562-97-3116 設立:1959年(昭和34年)
FAX:0562-97-8507 資本金:5,000万円
URL:http://kohwa-grp.co.jp/ 従業員数:117名

自動車、家電、医療機器等の精密機能部品メーカーとして技術革新を継続

同社は自動車をはじめとして家電、半導体、医療関連等の精密機能部品メーカーである。常に「お客様第一」を経営理念として、社訓の「和して創意と実践」につとめ、お客様に真にご満足頂ける製品作りをしている。
1959年創業後、51年に亘り革新努力を続けており、合理化優良事業所として1975年に県知事賞、1987年には中小企業庁長官表彰を受賞している。

製品開発技術力および製造関連技術に基づくビジネスモデルを展開

従来 横穴加工はドリル、リーマで加工し内径側バリ取り作業に非常に労力を使っていたが、ABS部品、INJ部品等の横穴あけ工程でのバリレスを達成(Φ1.0、Φ1.2、Φ1.5)した。
同社の考案で、ABS部品 内径(Φ6.4、t1.0)側よりセン断工法による内、外径のバリレスを達成した。さらに、40.0万個/月流動品を処理している。INJ部品等にも横展している。
また、部品製作の他に 品質保証、コスト管理のため自社開発の自動専用加工機、自動検査機、高圧クーラントポンプ等の設計、製作、外販も行なっている。

自社の海外展開実績を活かして、市の代表企業として工業発展に大いに貢献

2002年4月にタイ現地法人タイコーワプレシジョンを設立した。2010年5月インドネシア現地法人「コーワプレシジョンインドネシア」を設立し、インドネシア、タイ、中国、日本の取引先に自動車用部品、二輪用部品を供給している。また北米進出も視野に入れて情報を収集している等、海外展開を図っている。これら実績を活かし、2001年に市の経済発展を目的とする大手企業のグループである「豊明経済懇話会」の立上げに尽力、海外展開を行う市の代表的企業として工業発展を牽引し続けている。

このページの先頭へ

このページの先頭へ