ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社林本店岐阜県

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

日本酒の海外展開拡大による事業拡大、地域経済活性化への貢献

伝統的製法を踏襲していた日本酒が海外向け新製品を投入して海外展開を拡大中。更に普及を拡大し事業拡大による地域経済活性化への貢献を目指す。

杜氏
坂井 俊

基本情報

所在地:岐阜県各務原市那加新加納町2239 杜氏:坂井 俊
TEL:058-382-1238 設立:1920年 (大正9年)
FAX:058-383-3315 資本金:1,000万円
URL:http://www.eiichi.co.jp/ 従業員数:15名

海外を含む時代の要請に合わせた日本酒造りによる、日本酒市場の拡大

同社は日本酒の製造および販売業務を行っている。主力ブランドには、「榮一」、「百十郎」、及び海外展開も視野に入れた「Other styles」がある。
「酒ルネサンス」のコンセプトの下、初代からの伝統的製法による「榮一」から海外向けラインの開発まで、時代の要請に合わせた日本酒造りを目指す。英国、シンガポールに加え、2014年8月からは本格的に米国市場(ニューヨーク及びアトランタ)に参入した。既にアトランタ市内レストラン10店舗で採用が決まっており、今後の販路拡大も期待されている。

魅力ある、独自性の高い製品開発を中心にしたビジネスモデルを展開

製造技術・製品の高度性や独自性を実現しており、国内では名古屋国税局酒類鑑評会や全国新酒鑑評会で数回入賞している。また、「常に新しい日本酒を開発し続けること」を理念に、洋酒の製法を参考にして外国人好みの商品(酸度を抑え、癖がなく飲み易い、味が分かり易い辛口仕上げ等)を開発している。日本酒自体では差別化が難しいという課題克服に向け、ブランド・イメージの創造にも取り組んでいる。これらの取組で海外市場では一定のシェアを獲得済みであるが、更に市場の需要を取り込んだ活動で、一層の普及を目指している。

海外市場の拡大に伴う雇用拡大、他企業への波及効果で地域活性化に貢献

日本酒の海外市場での適合性は、米国を含む海外での和食普及に伴う日本酒の普及に見られるとおりであり、同社は海外市場を意識した製品の開発にも努め、アジア、英国、米国進出を果たしている。更に海外市場の需要を踏まえた製品の開発、ビジネス展開で市場拡大を目指し、雇用機会の喚起、同業企業への波及効果による地域経済の活性化に大いに貢献できるものと思われる。現当主の林里榮子氏は、「日本酒ルネサンス」のコンセプトの下に新商品開発、ブランド・イメージ戦略、国内外営業、IT広報等において陣頭指揮を執っている。

このページの先頭へ

このページの先頭へ