ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

天龍エアロコンポーネント株式会社岐阜県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

航空機機体部品の加工及び組立において、表面処理工程を一手に引き受ける

日本でも数社しか持たない表面処理工程の設備を活かし、航空機部品の表面処理工程を一手に引き受ける体制を整えている。

代表取締役
福西 誠

基本情報

所在地:岐阜県各務原市蘇原興亜町一丁目1番地 代表取締役:福西 誠
TEL:058-382-6431 設立:2009年(平成21年)
FAX:058-380-1141 資本金:9,500万円
URL:http://www.tenryu-aero.co.jp/ 従業員数:398名

航空機部品の複数工程を一括受注することが可能

主な事業は航空機機体部品の加工及び組立、航空機座席の製造である。具体的には、航空機部品の製造のネック工程であり、日本でも数社しか持たない表面処理工程の設備を活かし、各企業が受注した航空機部品の表面処理工程を一手に引き受ける体制を整えている。この体制が整えば、特殊工程設備を持たない各企業が航空機部品の複数工程を一括受注することが可能となり、従来の取引先である国内重工メーカーのみならず、海外メーカーへの販路拡大も狙うことができるようになる。

特殊工程設備を増強し、一貫生産体制構築に向けての課題を解決

「一貫生産体制」構築にあたって中心的な役割を担うためには、高度な技術、設備が必要な特殊工程(表面処理、熱処理、塗装等)の担い手が不在となることが課題となっていたが、同社が持つ特殊工程設備を増強し、地域の企業が受注する部品の特殊工程を一手に引き受ける体制を整えることでこの課題を解決し、「一貫生産」実現に向けて大きく前進した。

地域の雇用拡大や需要開拓に貢献

航空機部品の製造工程は人手に頼る部分も多く、労働集約的な産業という一面もある。同社をはじめとする地域の航空機部品製造中小企業が、同社の特殊工程設備を活用した「一貫生産(多工程一括)」体制により受注を拡大することにより、同社のみならず地域の雇用拡大にも寄与する。
また、同社は需要開拓の観点から、航空機産業の国際的な商談会であるエアロマート名古屋などに出展し、積極的に販路拡大にも取り組んでいる。

このページの先頭へ

このページの先頭へ