ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社カネコ小兵製陶所岐阜県

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

顧客ニーズをとらえた商品作りやブランドの確立で陶磁器を国内外へ展開

顧客ニーズを見据えた幅広い製品を生み出すとともに、オンラインショップや直営店による直販にも力を入れ、海外でも日本文化を発信している。

代表取締役社長
伊藤 克紀

基本情報

所在地:岐阜県土岐市下石町292 代表取締役社長:伊藤 克紀
TEL:0572-57-8168 設立:1921年(大正10年)
FAX:0572-57-8169 資本金:1,000万円
URL:http://www.ko-hyo.com/ 従業員数:20名

顧客ニーズを見据えた幅広い製品

和食器を中心とした陶磁器(美濃焼)製造業者であり、創業以降、特に日本酒用の徳利の大量製造などで売上を伸ばした時期があったが、業界全体が厳しい状況にあるなか、近年では、ダイエット用茶碗や陶器製のキッチンツールなど、顧客ニーズを見据えた幅広い製品を生み出すとともに、オンラインショップや直営店による直販にも力を入れている。同社で製造する「ぎやまん陶」は、伝統的な釉薬を活用しつつ、その配合や焼成方法を工夫することで、その風合いは、ガラスやうるしを彷彿とさせるもので付加価値の高い製品であり、国内外で好評を得ている。

顧客ニーズをとらえた商品作りや自社製品・自社ブランドの確立

製造業者から卸・小売業者へという、これまでの陶磁器の商流ではなく、直販等による顧客ニーズをとらえた商品作りや自社製品・自社ブランドの確立といった業界にとって新しい取り組みについて、自社だけでなく、陶磁器産地や地域の若手経営者を巻き込んで取り組んでいる。同社が開発した「ぎやまん陶」は、海外の一流ブランドを中心に評価が非常に高く、日本文化を発信している。こうした海外展開の実績や戦略が認められ、クールジャパン・マッチンググランプリの中部地域の代表に選出されている。

海外展開進展への期待

陶磁器製造は、中部地域の伝統産業の1つであり、その産地においては、現在でも地域の雇用や経済活動を支えている重要かつ主要な産業である。同社の海外展開がさらに進展すれば、同業者にも影響が大きいと考えられ、陶磁器産地の復興につながることが予想される。キッチンツールの実際の使い手である女性の視点を重要視し、商品企画・デザイン開発は社長夫人や女性社員が主力として大活躍している。

このページの先頭へ

このページの先頭へ