ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

有限会社プランドル飯田石川県

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

独自技術によるニット製品販売で国内外販路拡大、地域経済の活性化に貢献

若年層にも需要がある、独自ニット製品の企画販売で、国内外の販売拡大、この業務拡大の波及効果で地域経済への貢献が期待される。

代表取締役
飯田 道昭

基本情報

所在地:石川県河北郡津幡町太田ほ314-2 代表取締役:飯田 道昭
TEL:076-289-2498 設立:1994年(平成6年)
FAX:076-289-4920 資本金:300万円
URL:http://www.prendreiida.com/ 従業員数:7名

独自の刺繍技術を生かしたニット製品の企画販売で、海外展開も期待

同社は独自の刺繍技術を活かして、リストバンドやサポーターやマフラーなどの各種ニット製品を自社で企画、製造をしている。販路としては県内のドラッグストア、首都圏の大手雑貨店、ECサイト(アマゾン等)等が挙げられる。クール・ジャパンの一翼を担う企業として、シンガポールへの販路開拓など海外事業活動の拡大が期待できる。

製品イメージを変え、若年層を顧客にする革新的ビジネスモデルの展開

同社は蓄積した刺繍技術を活用し、従来のサポーターの課題であった「ズレ落ち、締め付け、蒸れ」を解消すべく、快適な着け心地を追求したサポーターの開発に取り組み、編み方に特長が見られる伸縮性に優れた製品を実現し、特許取得している。
この製品はカラフルでおしゃれでもあり、従来のサポーターのイメージを変え、若者層に向けた疲労予防や疲労回復に着用できるカジュアルなサポーターとして、若者層の需要をうまく取り込んでおり、国内で拡販を始めている。膝用のほかにも、腰用、肩用などの新しいサポーターも展開を始め、今までにない伸縮性と柔らかさを持ったサポーターとして同様に人気を集めている。

国内外への販路拡大による業務拡大で、地域経済活性化に波及効果あり

同社のサポーター製品は機能性だけではなく、ファッション性にも富んでおり、花も実もある日本の生活文化の特色が活かされている。展示会や国際見本市への出展を通じて、日本製品に関心が高まっているシンガポールでの拡販も大いに期待される。

このページの先頭へ

このページの先頭へ