ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社高田製作所富山県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

デザイン性・実用性に富んだ新製品開発に積極的に取り組む

伝統的かつ微細な加工技術をベースに、デザイン性・実用性に富んだ新製品の開発に積極的に取り組むと共に、技術継承に向けた各種取組を行い、地域経済の活性化に大きく貢献している。

代表取締役社長
高田 和喜

基本情報

所在地:富山県高岡市戸出栄町54-7 代表取締役社長:高田 和喜
TEL:0766-63-6800 設立:1977年(昭和52年)
FAX:0766-63-6345 資本金:1,500万円
URL:http://www.imono.com 従業員数:35名

伝統的工芸品の一貫生産可能な体制を構築

伝統的工芸品「高岡銅器」発祥地にて鋳物メーカーとして創業。金属の精錬、鋳物から切削、研磨仕上げを社内で一貫生産できる体制を構築しており、特に仏具製造で培われた微細な金属加工・造形技術は建築外装・インテリア製品など各種分野において採用されている。
一貫生産体制は「コスト削減」「納期短縮」「品質向上」に対する意識の表れであり、業界に先駆けた取組である。一方で、最終工程である研磨加工においては、デザイン性の高い自由曲線を有する製品仕上げを熟練工による手作業で行うことにより、機械加工では表現できない豊かな造形を可能としている。

インテリア小物や純錫製の食器など、生活に寄り添ったオリジナル製品の新規開発を推進

創業当初より培われてきた仏具製造技術は、黄銅やアルミ鋳物を主材料とした寺社仏閣の建築外装、ドアハンドル等の室内装飾品、給排水・電設機材など様々な製品分野で採用されている。銅器や漆器、アルミニウム製品など多様な地場産業に支えられている高岡において、鋳物技術を活用した錫製品は年々知名度を増している。また、同社製品の販売を手掛ける関連会社が海外販路を構築していることからドイツ見本市以外にも欧州・アジアへの浸透が図られており、同社製品の製造・販売を通じて地域産業の活性化に貢献している。

地域活性化に向け工場の見学会等を実施し社会貢献に寄与

ものづくりのまち高岡の技術力や魅力の発信に向けて、市内工芸高校生を対象とした鋳物作業や研磨工程の見学会を開催している。また、観光客に開かれた工場の開設を企画中であり、技術伝承や社会貢献にも寄与している。実用的かつデザイン性が高い製品の提供に向けて、試作開発担当者に女性を抜擢している。

このページの先頭へ

このページの先頭へ