ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

秋元水産株式会社静岡県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

利便性と天然素材へのこだわりを両立させた新商品を開発し、日本食継承に貢献

伝統的な天然だし離れが進む中、消費者のニーズにあわせた利便性の高い新商品を開発。天然だしにこだわり、日本食継承に貢献。

代表取締役社長
秋元 一視

基本情報

所在地:静岡県沼津市大塚37-1 代表取締役社長:秋元 一視
TEL:055-967-0001 設立:1912年(大正元年)
FAX:055-966-5338 資本金:2,500万円
URL:http://www.akimoto-suisan.co.jp 従業員数:90名

天然だし離れが進む中、消費者のニーズを踏まえて天然だしにこだわった新商品を開発

同社は、日本の伝統食品である、花かつお・混合削り・天然だしパック等を主力商品に、自社のオリジナル商品の他、大手小売業のプライベートブランド商品を多数製造している。消費者の天然だし離れが進む中、消費者のニーズを踏まえつつ、天然だしにこだわっただしパックを製造・販売。専用で最新の製造環境を整え、ハイクオリティーで安価な製品を製造、消費者へ提供している。同社の工場は、(一社)大日本水産会のHACCP工場として認定を受けている。

独自の商品開発と販路開拓により、成熟産業におけるイノベーションを企図

だしパックの品質と安心・安全の担保のため、最新設備の導入を行い、安定的な供給を図っている。
消費者ニーズを踏まえた独自の商品開発と販路開拓により、マーケットの拡大を図り、新規の設備投資による最先端の生産ライン導入は、食の安全・安心に対する取り組みの模範となり、地域中小企業の新たな展開の先導的な役割を担う事業所である。

新たな雇用の創出に貢献

新商品の開発・製造に伴い、新たに従業員を雇用するなど、雇用の拡大に貢献している。また、女性の従業員が全従業員の6割以上を占め、女性の活用に積極的である。

このページの先頭へ

このページの先頭へ