ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

カネテック株式会社長野県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

高い技術力でマグネット応用機器を開発、我が国の製造業の事業活動を支える存在

各種製造業に欠かせないマグネットの総合メーカーとして日本の「ものづくり」を基礎から支える。技術力・開発力の高さから、多くの製品を開発。

代表取締役社長
横山 晃次

基本情報

所在地:長野県上田市上田原1111 代表取締役社長:横山 晃次
TEL:0268-24-1111 設立:1956年(昭和31年)
FAX:0268-24-1117 資本金:58,500万円
URL:http://www.kanetec.co.jp 従業員数:170名

従来不可能とされていた磁力の強弱調整を可能にした製品を開発、マグネット応用機器業界を牽引

1949年の創業以来、一貫してマグネット応用機器の製造及び販売を行う。同社では、長年培ってきた技術力・開発力の高さから、多くの特許を取得している。保有する磁力による吸着・搬送・選別・計測技術及び磁力の着磁・脱磁の高い技術力により、主力製品の「マグネットチャック」では地域のみならず、国内においても高いシェアを誇っており、製造業や食品製造業、環境業界からも評価を得ている。また、従来不可能とされていた磁力の強弱調整を可能にした「丸形永電磁チャック」の開発等新製品の開発によりマグネット応用機器業界を牽引している。

開発・製造・販売・修理に至るまで一貫した体制を確立、営業網を張り巡らせ幅広いニーズに対応

開発・製造・販売・修理に至るまで一貫した体制を確立し、営業網を全国及び海外に拡大し幅広いニーズに対応できるよう取り組んでいる。また、高いシェアを持つ「マグネットチャック」営業網の活用や、JIMTOFへの出展を始め多数の展示会へ参加し、製品の販路拡大に力を入れている。マグネット応用技術は研究機関での研究が進んでいない分野であることから、自社でマグネット応用技術のノウハウを蓄積し、工作機械や産業ロボット、食品、環境分野と幅広く活用可能な技術を多数生み出し、「KANETEC」ブランドによる製品提供を行っている。

地元の中小企業を巻き込んだ事業展開により、地域の活性化に貢献

外注先や材料仕入れ先が300社程度ある中で、長野県内企業は200社超、そのうち地域企業は150社程と取引関係があり、地域の中小企業を巻き込んだ事業展開を行っている。
地域一帯となった発展・活性化を目指し、地域の製造業と連携して協同組合を設立する等、地域製造業との間の業務創出、不景気時の地域課題対応に貢献している。

このページの先頭へ

このページの先頭へ