ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社電溶工業山梨県

  • 海外展開
  • ものづくり

2015

自動車メーカーと生産用溶接機製造で強く連携、海外販売拡大で経済活性化に貢献

自動車生産ラインを知り尽くした営業により、自動車メーカーと強く連携し溶接機を販売。海外販売の拡大で、生産工場地元の経済活性化に貢献。

代表取締役
中村 章男

基本情報

所在地:山梨県中巨摩郡昭和町築地新居1648-5 代表取締役:中村 章男
TEL:055-275-6811 設立:1967年(昭和42年)
FAX:055-275-6810 資本金:4,000万円
URL:http://www.denyojp.com 従業員数:90名

自動車生産に必須の溶接機製造販売会社であり、自動車産業拡大に伴い業務拡大

自動車の組立に必要な「抵抗溶接機」を専門に製造しているメーカー。国内同業者は同社を含めて数社のみである。1台の自動車にはボディー全体で3~5千の溶接箇所があり、当社は日本の自動車産業になくてはならない存在である。2001年には大手自動車メーカーのメンテナンスニーズに対応すべく中国に現地法人を設立。以降、2005年にアメリカ、2007年にインド、2014年にはタイに現地法人設立し、積極的に海外に展開中。

自動車生産を知り尽くした営業でメーカーをサポートし強い連携でビジネスを展開

同社の溶接機は生産ラインに組み込まれて、ラインの自動化による大量生産を支えているため、安定性・耐久性が極めて重要である。また、自動車メーカーからの厳しい要求に対応して「軽く」「小さく」「速く」のニーズに対応し続ける商品開発力を有しており、安定受注が可能となっている。
製品は生産ライン仕様に併せてオーダーメイドで対応。全工程を熟知している営業担当のきめ細かいサポートによって顧客ニーズに合致した製品を提供できている。そのため、メーカーの海外進出に合わせ、海外展開を図り現地販売を進めている。

海外展開拡大により地元生産量も拡大し、経済活性化に貢献

大手自動車メーカーの海外生産はASEAN諸国の経済成長や人口増に伴いマーケットが拡大傾向にあり、同社製品のニーズは引き続き潜在的に見込まれる。既に海外現地法人を4拠点設立し、いずれも順調に推移していることから適合性も十分ある。
海外展開に当たりアメリカ・インド・タイの3拠点は山梨県の本社工場で製造した製品を販売しており、販売拡大による地元経済活性化への貢献が大いに見込まれる。

このページの先頭へ

このページの先頭へ