ナビゲーションスキップです。

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

がんばる中小企業・小規模事業者 300社

株式会社打江製作所新潟県

  • 地域経済活性化
  • ものづくり

2015

高品質なスキー、スノーボード用エッジ製作を行い、スキー板用は国内シェア100%

スキー、スノーボード用エッジ製作を行う企業で、一般ユーザー用に限らず、ワールドカップ等の競技用でも高い評価を得ている。

代表取締役社長
打江 寿和

基本情報

所在地:新潟県上越市長面136 代表取締役社長:打江 寿和
TEL:025-523-3400 設立:1968年(昭和43年)
FAX: 資本金:5,100万円
URL: 従業員数:11名

従業員全員が職人で、自社で一貫生産し、高品質なエッジを製作

同社はスキー、スノーボード用エッジ製作を行う企業である。スキー板エッジ製作国内シェア100%を持つ。同社の製品は一般ユーザー用に限らず、ワールドカップ等の競技用でも高い評価を得ている。同社では、L型に加工された線材をプレスで打ち抜き、曲げ加工、サンドブラスト処理、自社で一貫生産しており、高品質なエッジ製作を可能としている。
従業員全員が職人であり、金型の硬度を見極め、曲げる技術は同社の職人にしかできず、同社の強みの源泉である。

新潟県上越市はスキーの発祥地であり、地域の特色を活かした事業を展開

新潟県上越市はスキーの発祥地として知られており、地域の特色を活かした事業でもある。スキーに関連する事業者も数多く集積していることから、同社の事業拡大によるスキー産業の活性化は地域経済の活性化に貢献する。
同社の製品は大量生産に不向きであり、熟練した職人の技術によって支えられている。同社の製品はこのような高品質さを強みに、国内の主要スキーメーカー、スノーボードメーカーを中心に販路を拡大しており、海外向けの販売も増加傾向にある。

スキー産業の活性化への貢献

同社の事業拡大は地場産業であるスキー産業の活性化という地域固有の課題解決に貢献している。
また、海外向けの生産拡大に伴い、今度人員増加を検討しており、地域における新たな雇用の創出に期待ができる。
さらに、最近のトレンドを踏まえ、スノーボード、ショートスキーのエッジ製作も手掛けており、事業の拡大に伴う地域の経済発展への貢献も期待できる。

このページの先頭へ

このページの先頭へ